『下町ロケット』続編ヤタガラス 原作ネタバレ!佃を裏切ったギアゴースト社長 伊丹大がひどすぎる!

2018年10月スタートのTBSドラマ

『下町ロケット』の続編の原作後編

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレです。

 

今回は、

「佃製作所を裏切ったギアゴーストの社長、

伊丹大(いたみ だい/役:尾上菊之助)が

下町ロケット史上ひどすぎる!」

・・・という、原作ネタバレです。

 

スポンサーリンク

 

ギアゴースト伊丹社長の裏切り!

 

佃製作所の大口取引先である、

農機具の大手メーカー『ヤマタニ』

 

そのヤマタニに新開発のトランスミッションを

供給する企業として名前が挙がっていた

『ギアゴースト』

 

【 関連記事 】

トラクターのトランスミッションとは?バルブとは?

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット2 トラクターのトランスミッションのバルブとは?原作ネタバレ

 

そのギアゴーストにトランスミッション用の

バルブを納品することがほぼ決まりだと思っていた、

佃航平(つくだこうへい/役:阿部寛)を始めとした、

佃製作所の人たち。

 

ところが、ギアゴーストの副社長だった

島津裕(しまづゆう/役:イモトアヤコ)から

伊丹社長の裏切りを知らされたのです。

 

【 関連記事 】

ギアゴーストを退社した島津裕

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2 ヤタガラス 島津裕(イモトアヤコ)が佃製作所の社員になる!?原作ネタバレ

 

でも、どこかで

伊丹社長を信じたい気持ちがあった佃航平は、

伊丹社長と直接話しをしてみようと考え、

電話をしてアポを取ります。

 

ところが伊丹社長は、よそよそしくて

気乗りしないような声のトーン。

 

佃航平は伊丹社長に親近感を抱いていたんだよね。親が下町で工場を経営していたというつながりで。

タコ

かほさん

でも、島津裕から事情を聞いたことは内緒ってコトで・・・。

 

スポンサーリンク

 

ダイダロスと新しい農機具開発!?

 

佃社長と対面した伊丹社長は、

まさに手のひら返しとも言えるほど、

人が変わったような態度でした。

 

裏切り 1 開発中のトランスミッションが不要に

 

かほさん

ヤマタニの計画が変わっちゃって、開発していたトランスミッションは要らなくなったらしいよ。
・・・ってコトは、佃製作所で一生懸命開発したバルブも、もう要らないってこと!?

タコ

かほさん

そう。それなのに伊丹社長は、「担当から連絡してませんでしたか?」なんて、アッサリと言うだけ。
何だよ!?それ(怒)

タコ

ヤマタニがコスト削減のために、

ギアゴーストに外注化しようとしていた

トラクターのトランスミッション。

 

その話が棚上げになったというのです。

 

そしてギアゴーストでは、

新しい農機具に参入するというのです。

 

かほさん

新しい農機具って、まさか!?
財前部長の考えているアレかな?

タコ

 

【 関連記事 】

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット ヤタガラス原作ネタバレ!財前部長の新プロジェクトとは?

 

裏切り 2 大森バルブを採用する

 

新しい農機具に佃製作所のバルブを

使ってもらえないか?と言う佃社長に、

伊丹社長は耳を疑うようなことを言います。

 

「大森バルブさんで決まってますので。」

と。

えっ!?ボクも耳を疑ったけど、お、おおもりバルブーーーっ!?

タコ

かほさん

大森バルブとコンペで戦って、佃製作所に決めてくれたはずなのに!!!

 

それまでは耐えながら伊丹社長の話を聞いていた佃航平。

 

「それはないんじゃないですか」

と、思わず怒りの言葉を発してしまいました。

 

かほさん

「ライバル企業に発注済みだなんて、あんまりですよ」と佃社長が言ったら、伊丹社長が「プッ」と吹き出して、

「ライバル企業って。あっちは押しも押せぬ大企業ですよ。」と佃製作所を小馬鹿にしたんだよ!

はぁ?やな奴!

以前の伊丹社長はどこへ行ったんだ!?

タコ

 

裏切り 3 ダイダロスとの資本提携

 

「安さ一流、技術は二流」

と、業界で囁かれているダイダロスという企業は、

その「安さ」で、佃製作所からヤマタニへの

納入量を大幅に奪ってしまいました。

 

ギアゴーストは、

そのダイダロスと手を結んだのです。

 

かほさん

ギアゴーストとダイダロスとの提携を、島津から聞いたってことは、すぐにバレたね
佃航平はトボけたけどね。少し白々しかった。

タコ

かほさん

ギアゴーストがケーマシナリーに特許侵害で訴えられたとき、

本当はギアゴーストを佃製作所が安く買収できるチャンスだったのに。

佃航平は人情を優先して、そうはしなかったんだよね。

それどころか、

「クロスライセンスという」わずかな可能性があることを教えてあげて、佃製作所の開発者たちも、それに協力したんだよね。」

タコ

 

そもそも、ギアゴーストが裁判で勝利できたのも、

佃航平が夜を徹して、解決の糸口となる論文を

探し出してくれたおかげです。

 

それなのに、

「恩を仇で返す」

とは、まさにこのこと!

 

これまで下町ロケットに登場した悪役は、

「いかにも悪役~!」

という連中でしたが、今回は、

佃航平が好感を抱く人物・・・のはずでした!

 

伊丹社長が元の自分に戻る日はあるのか!?

それが気になりますね!

 

次のお話はこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2 ヤタガラス 野木博文教授が財前部長にOKしない理由は?原作ネタバレ

 

『下町ロケット ゴースト』ネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ゴースト』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット TBSドラマ続編 「ゴースト」「ヤタガラス」原作ネタバレ!

下町ロケット ヤタガラスのネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット ヤタガラス ネタバレあらすじ(まとめ) 帝国重工VSダイダロス 無人農業ロボットの勝利者は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です