『下町ロケット2』最終回ネタバレ 原作ヤタガラスの結末は?

『下町ロケット』ドラマ続編の最終回あらすじを

原作『下町ロケット ヤタガラス』から拾ってネタバレです。

 

2018念10月スタートのTBS日曜劇場

『下町ロケット』の続編の原作の後編である

『下町ロケット ヤタガラス』を読み終えました!

 

池井戸潤氏の作品らしく、

清々しい終わり方をしました!

 

かほさん

ここでは、みなさんが気になるであろう

結末部分だけをズバリ!ネタバレしちゃいますね。

詳しいネタバレは、順次、別記事で書いていきます!

タコ

 

スポンサーリンク

 

無人農業ロボット対決、どちらが勝った?

 

無人農業ロボットの開発、販売を巡って、

対決となった帝国重工側とダイダロス+ギアゴースト。

 

『ランドクロウ』

MEMO
佃製作所:エンジン・トランスミッション

野木教授:自動走行プログラム

帝国重工:それ以外の全部

・・・が開発した無人農業ロボットの名前です。

 

※帝国重工は当初、「アルファ1」という試作品を作ったが

これには佃製作所は関わっていない。

 

『ダーウィン』

MEMO

ヤマタニ:ボディ・販売

ダイダロス:エンジン

ギアゴースト:トランスミッション

キーシン:自動走行プログラム

・・・が開発した無人農業ロボットの名前です。

 

その無人農業ロボット対決は、

当初はダーウィン側が圧倒的に有利でした。

 

ダーウィン側のマスコミを利用したPR活動と、

大企業・帝国重工に下町の中小企業(庶民)が挑むという、

判官贔屓的なイメージ戦略も大成功。

 

一方、帝国重工側は、的場取締役の邪魔が入り、

佃製作所はプロジェクトに参加できず、

発案者の財前部長は蚊帳の外に置かれ、

スタート時のプランから大きく逸脱した

「アルファ1」という試作品ができあがりました。

 

そしてこれが大失敗!

帝国重工・藤間社長とマスコミが見ている前で

無様な姿を晒す結果となりました。

 

しかし、この大失敗のおかげ(?)で

藤間社長の鶴の一声で佃製作所と財前部長に

主導権が戻りました。

 

更に、ギアゴーストを退社した島津裕も佃製作所に入社し、

佃製作所の弱点であったトランスミッションも

一気に品質向上しました。

 

その後、製品化された「アルファ1」は

「ランドクロウ」に名前を変え、

ライバル側を遥かに上回る試作品が完成したのです!

 

 

一方、ダイダロスを中心とする「ダーウィン・プロジェクト」チームに、

ほころびが見えてきます。

 

野木教授から盗作した、キーシンのプログラムと

島津裕が開発途中だったギアゴーストの

トランスミッションに欠陥が見つかり、

畑や田んぼの真ん中で止まってしまうというトラブルが多発。

 

販売元であるヤマタニは、リコールを提案しますが、

島津裕のいないギアゴーストには、リコールしても、

それを修正する技術はありませんでした。

 

それとは逆に、最初はほとんど売れなかった

帝国重工側のランドクロウは、その性能の良さで、

ジワジワと売上を伸ばしていきました。

 

大人気となった帝国重工製ランドクロウ、

大規模リコールとなったダーウィン。

 

両者の無人農業ロボット対決は、

帝国重工・財前部長と佃製作所のものづくりへの

熱意が勝利しました!

 

スポンサーリンク

 

殿村は佃製作所に戻ってきた?

 

父親が病気に倒れ、300年続く実家の農業を継いだ、

佃製作所の元経理部長・殿村。

 

その農業もトラブルだらけで、

「殿村は佃製作所に戻るのでは?」

という期待もありました。

 

ある年、洪水により、殿村の家の田んぼがほぼ全滅となり、

殿村家の農業の存続が危うくなりました。

 

その際、佃社長は殿村に佃製作所への復帰を口にしましたが、

殿村は佃製作所に戻ることはありませんでした。

 

しかし、殿村の家業のピンチを救ったのは、

やはり佃航平でした。

 

無人農業ロボット「ランドクロウ」のモニターを殿村に依頼。

 

モニターになったことにより、洪水の損害も補填され、

病気で田んぼに出られなくなっていた父親も、

自分でパソコンのデータを分析するほど、

無人農業ロボットに夢中になり、田んぼに出ずして農業に復帰。

 

これにより、殿村家の農業のピンチを救ったのです。

 

ランドクロウを通じて、佃製作所と殿村の関係は

続いて行きそうです。

 

↓ こちらにもっと詳しく書きました!

殿村(立川談春)は佃製作所に戻る?下町ロケット続編 原作ヤタガラスあらすじネタバレ

 

的場取締役は社長になった?藤間社長は退陣?

 

次期社長と言われ、やりたい放題だった的場取締役。

 

財前部長の「無人農業ロボット」を

自分の手柄にしようと、横槍を入れてきました。

 

無人農業ロボットは

内製化(全て帝国重工製)すると言い出し、

これにより、佃製作所は財前部長のプロジェクトから

外されてしましました。

 

それどころか、財前部長でさえ蚊帳の外に置かれ、

自分のイエスマン、機械製造部・奥沢部長に

開発を進めさせるという有様。

 

しかし、この無人農業ロボットに関わったことで、

的場は自分の首を締める結果となります。

 

帝国重工の無人農業ロボット参入で

的場の名前が出たことを利用し、

ダイダロス重田社長は、過去に自分の会社・重田工業が

的場の圧力により潰され、数千人の従業員が

路頭に迷ったという記事を週刊誌に掲載させます。

 

スキャンダルにより、的場の勢力が次第に衰え始めます。

 

それに追い打ちを掛けるように、

的場主導の無人農業ロボット「アルファ1」が失敗してしまいます。

 

小型エンジンのノウハウが無い帝国重工。

 

だらかこそ、財前部長は佃製作所に依頼をしたのです。

 

しかし、市場調査もせずに「帝国重工が作れば売れる。」

という間違った意識しか持たない的場と奥沢は、

日本国内ではニーズの少ない大型トラクターを

作るという的外れなことをしてしまいます。

 

それに加え、野木教授の自動走行プログラムと

うまく連動することができず、

大衆と藤間社長の面前で、帝国重工が開発した「アルファ1」は、

案山子(かかし)を避けきれずタイヤに巻き込み、

挙句の果てに、ひっくり返って用水路に落ちるという

大失態を披露。

 

それが動画にも撮られ、

帝国重工は世間の笑いものになります。

 

それに腹を立てた藤間社長は主導権を財前部長に戻し、

「外注でいい。」と、製造部を

エンジンとトランスミッション開発から下ろしたのです。

 

的場の度重なる失態により、藤間社長の続投が決定!

 

社長就任が延期となった的場は焦りを見せます。

 

今度は、帝国重工の下請企業の中で、

敵方ダーウィンにも関わっている会社を洗い出し、

圧力をかけます。

 

しかしこれを知った重田は、次の手を打ちます。

 

「帝国重工下請20社がダーウィン・プロジェクト妨害として、

公正取引委員会へ申立。」

「下請け代金の減額、買いたたきなどの行為を受けた。」

として、的場の実名入りの記事も週刊誌に掲載されます。

 

これにより、的場はとどめを刺された形となり、

記者会見を開き、取締役を辞任を公表。

 

関連会社の社長職の話がありましたが、

的場は帝国重工を退職しました。

 

その後の彼の行方は誰も知りません。

 

スポンサーリンク

 

財前部長は宇宙航空部に戻った?

 

「財前部長が宇宙航空部に戻った。」

とは、どこにも書いてありません。

 

ただ、終盤の「経営企画会議」では

“宇宙航空部の財前道生”と、書かれているだけです。

 

たぶん、復帰できた・・・と思います。

 

財前部長が企画した「無人農業ロボット」は大成功!

 

それだけにはとどまらず、

それに関連した農業のありかたやライフスタイルの

提案にまでビジネスの幅を広げ、

帝国重工の業績は大きく回復。

 

更には、準天頂衛星ヤタガラスを含め、

大型ロケット打ち上げに対する社会の関心が高まり、

帝国重工の社会貢献度の評価も上がり、

藤間社長のスターダスト計画が軌道に乗り出したのです。

 

どうやら藤間体制もしばらく続きそうだね。

タコ

かほさん

藤間社長の後ろ盾があれば、財前部長も安泰だね!

 

島津裕の結末は?

 

佃製作所への入社を躊躇していた島津。

大学で講師のアルバイトをして食いつないでいました。

 

そんな中、佃製作所が正式に帝国重工の

無人農業ロボット開発に参入することになり、

どうしても島津の力が必要となりました。

 

佃製作所には、

トランスミッションの実績が無かったからです。

 

どこからかトランスミッションの設計者を引き抜くにしても、

天才・島津以上の人材など、そうそう見つかるはずもなく。

 

佃は島津のマンションを訪れ、

佃製作所への入社を再度、お願いします。

 

この時、実は島津は大学の採用試験の

最終面接を控えていましたが、

それを蹴り、佃製作所への入社を決めました。

 

心底、職人である島津は、

やはり現場で働くことが楽しかったのです。

 

入社後の島津は、

佃製作所のトランスミッション開発チームの

軽部・立花・加納との素晴らしいコンビネーションで

一気に改善を進め、これにより佃製作所製の

トランスミッションの品質は一気に向上したのです。

 

帝国重工からお払い箱にされ、

ギアゴースト伊丹社長からは、「もう必要ない。」

と言われた島津。

 

彼女はやっと、自分の居場所を見つけたようでした。

 

ギアゴースト伊丹大の結末は?

 

佃製作所と島津裕を裏切り、ダイダロスと業務提携し、

無人農業ロボット「ダーウィン」を開発した

ギアゴースト。

 

同じく帝国重工の的場取締役に恨みを持つ

ダイダロス社長・重田と共に、

的場への復讐を果たすことができました。

 

しかし、出だしは大成功を収めたように見えた

ダーウィン・プロジェクトでしたが、

トラブル報告が日を追うごとに増えてきました。

 

島津が開発途中だったトランスミッションを

引き継いだ設計者は、プライドだけは高いが能力は

島津と比べ遥かに劣り、それに全く対応ができません。

 

伊丹は部下に命じ、帝国重工製の無人農業ロボット

「ランドクロウ」を分解し検証した結果、

「遊星ギア」と呼ばれるひとつの部品が

改良されていることが判明。

 

早速それを真似て、

ギアゴースト製を改良しようとしましたが、

既にその「ギア」は、

「佃製作所が特許を取得」

していたのです。

 

恥を忍んで佃製作所を訪れ、

「遊星ギア」のライセンス契約を懇願する伊丹大。

 

しかしさすがに佃航平は、それを受け入れません。

 

帝国重工のライバルを助けることになるし、

伊丹のした“人でなし”行為を

忘れることはできなかったからです。

 

伊丹は何度も何度も、佃製作所に足を運びましたが、

佃航平は会おうとはしませんでした。

 

ある日、

ランドクロウのモニターを引き受けてくれている

殿村の家を訪れた帰りに、佃はある光景を目にします。

 

それは、ダーウィンが止まってしまって

困っている農家の姿でした。

 

「ダーウィンの不具合に困っているのは、

ユーザーである農家の人たちだ。」

そう認識した佃は、

伊丹にライセンス契約を承諾しました。

 

もちろん、帝国重工の承諾も得ました。

 

佃航平から話を聞いた財前部長は

すぐ賛成してくれ、藤間社長を説得してくれました。

 

野木教授も快く賛成してくれました。

 

これにより、ギアゴースト製のトランスミッションは

不具合を改善することが可能となりました。

 

大規模なリコールにより、ギアゴースト社は

一時は傾きかけましたが、

伊丹は何とか踏ん張り続け、経営を維持。

 

それから1年後、

農業のイベントで島津と再会した伊丹は

ライセンス契約を結んだ時の佃航平の言葉を

島津に話して聞かせました。

 

「過ぎたことはもういいじゃないか。

日本の農業のために一緒にがんばろうや!」

と。

 

そして泣き笑いになった伊丹の表情は、

島津が初めて見る清々しいものでした。

 

かほさん

さすが佃航平だね!ウルウル・・・。
伊丹も初心に還ることができたんだね!

タコ

 

『下町ロケット ゴースト』ネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ゴースト』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット TBSドラマ続編 「ゴースト」「ヤタガラス」原作ネタバレ!

下町ロケット ヤタガラスのネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット ヤタガラス ネタバレあらすじ(まとめ) 帝国重工VSダイダロス 無人農業ロボットの勝利者は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です