この世界の片隅にドラマ最終回 現代のすずは生きていて91歳でカープ女子になっていた!?

『この世界の片隅に』

ドラマ版最終回ネタバレです!

 

スポンサーリンク

 

すずさんはまだ生きていた!

 

私は原作や映画版は知らないのですが、

どうやらラストはドラマ版オリジナルだったようです。

 

ラストでは、これからカープの試合が始まる様子の

「マツダ ズーム・ズーム スタジアムひろしま」

(昔の広島球場?)が映し出されます。

 

そして、そこへ向かう、

近江佳代(榮倉奈々)、江口浩輔(古舘佑太郎)

そして現代の節子(香川京子)

 

佳代「マジで!?ここに?」

節子「そうなんよ。野球の季節じゃ、

ずぅ~と追いかけとるんよ。カープ!

なんて言うかいね。あの・・・。」

佳代「カープ女子!」

節子「それそれ!」

 

 

その時、背後から年配男性が近づき、

節子に声を掛けます。

 

男性「節ちゃん!」

節子「もう来とりますか?」

男性「おりんさるじゃろ。いつもの所に。」

 

節子「あっ!聞こえる。」

耳元を押さえる節子。

 

すると一面真っ赤な応援席に場面が移り、

白髪で短髪頭の女性の後ろ姿が写ります。

 

女性は立ち上がり、左手を口元に添えて、

「負けんさんなよー!」

と叫びます。

 

着ているカープのユニフォームは

「KURODA 15番」

(なぜ“黒田”なのか、

広島ファンではない私には意味不明ですが、

何か含むところがありそうです。)

 

すると画面はそのすぐ後に、

戦後のすず(松本穂香)に変わり、

「負けんさんなー!ひろしまーっ!!!」

と叫びます。

 

更にその次には、

節子を抱っこしている周作(松坂桃李)とすずの3人が登場し、

「負けんさんなー!」

と、呉の街を見下ろしながら叫ぶシーンで

終わりました。

 

MEMO
【 追記 】

劇場版の片渕須直監督が2年前に

「すずさんはいま91歳」と言ったそうなので、

現在は93歳だそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

視聴者のネットの反応は?

 

✔ 主人公の北條すずさんは、今もご健在。広島カープを応援中!

 

✔ すずさん(9?歳)がカープ女子になっていた!負けんさんな広島!に感動。

 

まさか、すずさんが生きとったとは。 すずさんがあの家に住んでいないのはなんでだろう? 何か辛いことでもあったんじゃろか。 感慨深く思ってたのは、すずさんが生涯暮らしていた家だからで、今は別のところで住んでてしかも生きてるなんて、ドラマとしてなんかちょっとね。

 

✔ 節子さんがすずさんの所へ行くって、墓参りかと思ったら、まさかまだ生きててカープ女子になってたとは・・・。ちょっと最後は飲み込めんかったわ。

 

✔ 最後の白髪のおばあちゃんって、あれ、すずさんなの!?

 

✔ やっぱり現代パートはなくてよかったな、と思う。特に最後のカープのシーンは止めて欲しかった。

 

✔ 黒田さんのユニフォームを着て応援してた、白髪のおばあちゃんは、すずさん?

 

✔ すずさんが元気でカープ女子やっていてくれて、とても良い終わり方でした。

 

カープ女子すずさんについての賛否は、片渕監督の話やファンアートを知ってるかどうかで反応が違いそうですな。

 

✔ 現代の当初のコンセプトは謎だったけど、結果的には現代の豪雨災害後の広島とリンクさせて、思いきりエールを送る形で終わっていて、この夏放送してくれて良かった。

 

✔ ずっと現代パートを入れる意味が分からなかった。ただラストにカープを出したことは球団創設の経緯から考えると理解できた。「負けんさんな広島!」は豪雨災害からの復興へのエールかな。テレビ版なりの工夫と覚悟が見えた気がした。

 

✔ アニメ版の片渕版監督がかつて、すずさんは生きていて91才でカープを・・・をとつぶやいていたのをまさか本当にやるとは・・・その為の現代編だったのか!

 

✔ 節子生存と突然のカープに家族全員が動揺した。

 

✔ 最後のカープ女子ってすずさん? いったい今何歳なの? すごいラストに困惑してる…

 

何でラストにカープをぶち込んできた!?と言ってる奴ら!広島カープができた経緯を調べて来い

 

✔ 最後のカープ女子のクダリは無くても良かったのでは?てっきり墓参りの場面で終わるのかと思ったよ。

 

✔ すずさんは御歳93歳になるのか・・・。賛否別れてるけど私はカープファンのすずさん見れて嬉しかったぞ〜 !他県民からしてみるとなんじゃそりゃ?って思うかもしれんけどカープは戦後広島の復興を目指して作られた球団だし。

 

✔ 現代パートが「いらない」理由がここだ。すずさんのストーリーは「あそこ」で終わるから良かったんだ。現代でカープを応援する姿は見なくていい。応援しててもいいが、また姑息にも「負けんさんなよ」を足してしまった。戦争がセリーグと同等レベルまで矮小化した瞬間だ。

 

✔ 素晴らしい作品だった! すずさんは今も元気なんだね「負けんさんな、広島! 負けんさんな!」 は今年の災害、その他いろんな意味でってことなんだろうな。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

ネットの意見をまとめますと、

  • 最後にアルプス席で黒田投手のユニフォームを着ていた、ショートカットで白髪の女性は、現代のすずさんらしい。(カープ女子になっている?)
  • すずさんの年齢が諸説飛び交っていますが、90歳代ってことだけは確か?
  • すずさんらしきおばあちゃんの、カープへのエールは、今年豪雨災害に遭った広島へのエールでもある?
  • カープ創設の理由を知っていれば、最後のカープのシーンは理解できるはず?
  • 原作では養女(ドラマでは節子)が墓参りするので、すずさんは亡くなっている?

・・・というところでしょうか?

 

個人的には、原作も映画版も知らずに、

純粋にドラマ版を楽しんだので、

現代版への違和感も何もありませんでした。

 

(すずさんはまだご存命なんだ~!)

と、嬉しさはありました♪

 

そして、

東日本大震災の被災地に住んでいる私にとっては、

あの賑わう球場が映し出されていては、

豪雨災害の広島の悲惨さは全く伝わらず・・・。

 

『火垂るの墓』のラストで描かれた、

焼け野原からネオン輝く現代へ変わっていったシーンのほうが、

「復興」を感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です