この世界の片隅に 広島で原爆で被爆した孤児の女の子の名前が節子なのはジブリを意識?

『この世界の片隅に』

ドラマ版最終回ネタバレです!

 

原爆投下後の自分の実家と家族が気になるすず。

 

終戦後の慌ただしい中で、

いつもの生活が戻ったすず。

 

ある日、やっと広島の実家を訪れることができました。

 

その時、すずにくっついて離れない

女の子がいました。

 

この子の母親は、原爆で全身やけどだらけになり、

右手も失っていました。

 

そしていつの間にか、

腰掛けたまま絶命していました。

 

孤児となった女の子は、

同じく右手のないすずを見て、

自分の母親だと思い込んだのです。

 

それが、現代に登場する節子(香川京子)でした。

 

スポンサーリンク

 

原作と映画では“節子”ではない!?

 

後に、すずと周作の養女となるこの女の子。

原作と映画では名前が違っていたようです。

 

「節子」という名前は、

かの有名なジブリ映画『火垂るの墓』の女の子。

 

両親を亡くし、兄とふたりで生きていたものの、

栄養失調で亡くなった、あの「節子」ちゃんです。

 

その節子とダブるのか、ジブリと重ねて観る人もいる様子です。

 

視聴者のネットでの反応

 

✔ 原爆で生き残った子の名前が「節子」だった。 そう来たか! 火垂るの墓のせっちゃんが幸せに暮らせたパラレルワールドみたいで良かった。

 

✔ 径子「これどうじゃろうかね~。よう似合う!よかった!」 すず「セツ子さん・・・。」 え?そのお名前はジブリファンにクリティカルなんですがw

 

✔ 孤児の少女に「節子」というオリジナルの名前を与えたのは、「火垂るの墓」の節子へのオマージュでもあるだろう。死ぬことなく救われた節子の物語をそこに付与したかった、という意図は容易に想像できる。

 

✔ 今流れてる『この世界の片隅に』のBGMが、時々ジブリの曲にしか聞こえなくて困る。

 

✔ 原作にも片渕素直監督映画版にも、養女になる女の子の名前は出て来ません。日テレのドラマ版では「千鶴」でした。 「火垂るの墓」の節子がほんの少し救われる感じです。

 

✔ あの子の名前は「陽子(ヨーコ)」った気がするけど、その名前も映画版のオリジナル設定だったのかな?

 

✔ ドラマ最終話、賛か否って言ったら否のほうです。孤児の子の名前も違うし。今まで名前は忠実だったんだから最後くらい頑張ろうぜなあ。

 

✔ 孤児の名前は原作には出てこない。 だから別に「陽子(ヨーコ)」だろうが「節子」だろうが構わない。

 

✔ 最後に出てきた浅田芭路ちゃんが可愛すぎるw 5歳になったばっかりらしい。 クレラップの妹役の子だってね〜

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

これによると、

すずと周作の養女になった広島の女の子の名前は、

原作には出てこないらしいですね。

 

そのため、作品ごとに違う名前が付けられて

いるようです。

 

これで、現代版に登場するおばあさんの

正体が最初気づかれなかった理由が分かりました!

かほさん

原作や劇場版を観た人がなぜ分からないんだろう・・・?

と思っていました。

 

でも確かに、『火垂るの墓』の節子ちゃんを

彷彿とさせる感じで、

「節子ちゃんが、こんな風に

助かっていたら良かったなぁ~。」

と思わずにはいられませんでした!

 

本当は、節子ちゃんの存在が

我が子を亡くした径子(尾野真千子)さんの心を

癒やしていくシーンなども観たかったです!

(原作ではどうなのか知りませんが)

 

余談ですが、あの節子ちゃん、

クレラップの女の子だったんですか!?

全然気づきませんでした!

(ヘアスタイルが似ているのに!)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です