アグリジャパン 帝国重工アルファ1対ダーウィン 無人農業ロボット対決の勝敗は?下町ロケット2ネタバレ

2018年10月スタートのTBSドラマ

『下町ロケット』続編の原作、

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレあらすじです。

 

前回の記事はこちら

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじダイダロス重田とギアゴースト伊丹の的場への復讐 ダーウィンプロジェクトとは?

 

スポンサーリンク

 

悪玉 帝国重工vs 善玉 ダーウィン・プロジェクト

 

記者会見したものの、全く注目されなかった

帝国重工の無人農業ロボット。

 

それに対して、

センセーショナルなデビューを飾った

ダーウィン・プロジェクトの無人農業ロボット「ダーウィン」

 

ダーウィン・プロジェクトには

帝国重工の的場取締役に復讐を誓う、

ダイダロスの重田社長と

ギアゴーストの伊丹社長が加わっており、

じわじわと的場取締役を追い詰めてきます

 

そして、ダーウィン・プロジェクトの広報担当である、

北堀企画により情報操作が行われ、

「帝国重工という巨悪に立ち向かう

下町の中小企業集合体ダーウィン・プロジェクト」

という図式が作られ、拡散されてしまいました。

 

「帝国重工無人農業ロボット事業の総責任者・的場は

かつて数千人の従業員を抱える重田工業に対して

一方的に取引中止を通告。

その結果、数千人が路頭に迷う結果となった。

 

しかし重田はそこから這い上がり、

ダイダロス社長となり、下町企業の社長たちとタッグを組み、

帝国重工に立ち向かう。」

 

そんな内容の記事が週刊誌にまで掲載され、

帝国重工は完全に「悪役」扱いとなってしまったのです。

 

無人農業ロボット「アルファ1」

 

帝国重工の無人農業ロボットは

「アルファ1」

と名付けられました。

 

アルファ1

  • 大型トラクター
  • 内製化(全て帝国重工製)
  • 北海道や国外等の広い農地向け

 

財前部長案

  • 小型・中型トラクター
  • エンジンとトランスミッションは佃製作所製
  • 国内向け

かほさん

財前部長が考えた、「日本の農業を救う!」という主旨から、全然かけ離れちゃたね。
ダーウィンと競合しないように、大型のものに切り替えたんだって。

タコ

 

 

スポンサーリンク

 

アグリジャパン

 

そんな折、岡山で毎年開催されているという

「アグリジャパン」

という農業の一大イベントから、

「アルファ1」を出展して欲しいという

依頼が舞い込んできました。

 

そしてデモンストレーションを行って欲しいと。

 

もちろん、ダーウィン側にも同様の話が来ていました。

 

ダーウィン・プロジェクトの北堀企画は

ここぞとばかりに、

「帝国重工vsダーウィン・プロジェクト」

というチラシを作成して世間を煽ります。

 

おまけにこれに、帝国重工・藤間社長も

見学に来ることになりました。

 

岡山県知事とは大学の同窓生で、

知事直々に、見学に来てほしいと

電話があったと言うのです。

 

佃航平も、財前部長に招待され、

岡山へ出向くことになりました。

 

ダーウィンvs.アルファ1

 

アグリジャパンでは、

ダーウィンのブースは人だかりができて

大人気でした。

 

デモンストレーションは、

実際に田んぼに見立てた会場で

行われることになっていました。

 

用水路もあります。

 

先攻はダーウィンでした。

 

ダーウィンは小型トラクター。

 

田んぼの真ん中に立つ案山子(かかし)の前でも、

手前で一旦停止し、回り込んで進むという

安全性を見せました。

 

かほさん

プロの佃たちは、

時々エンジン音が不安定になるなぁ~って気づきました。

でも傍目には、何事もなくスムーズに動いているように見えました!

タコ

 

次は、帝国重工の「アルファ1」の番です。

 

アルファ1はとても大きく、

日本で一番大きなタイプのトラクターかと思えました。

 

大型のエンジン。

旧式のトランスミッション。

大型のボディは農道の幅ぎりぎりでした。

 

そのアルファ1は、

ダーウィンが巧みに避けたカカシを

全く避けることもなく、

真正面からタイヤに巻き込んだのです。

 

それだけでは終わらず、

農作業を終えたアルファ1が戻ろうとした時、

農道で脱輪し、次の瞬間、

用水路に転落していったのです!

 

帝国重工の無人農業ロボットは、

笑いものになるほど大失敗に終わったのです。

 

もはや、アルファ1を見学しているのは、

その救出作戦を興味津々で見ている

野次馬だけでした。

 

スポンサーリンク

 

「外注化でいい!」

 

アルファ1の醜態に、

藤間社長の喝が入りました!

 

  • 自分が承認した内容と違う!
  • エンジンとトランスミッションは外注だったはずだ!
  • 国内でニーズのある小型・中型に注力ではなかったのか!?

 

かほさん

ここで製造部奥沢は野木教授のせいにするという卑怯さ。
的場も、これまでの帝国重工のノウハウがある大型からスタートして、じょじょに小型化していると言い訳。

タコ

 

藤間社長は、失敗を野木教授のせいにした

奥沢部長の非礼を侘びました。

 

かほさん

こういう点は、藤間社長は人徳がある人だよねぇ~♪

 

あくまで「内製化」にこだわる的場取締役は、

「小型・中型では開発に時間がかかる。」

と言い訳。

 

そんな的場に向かって藤間社長は、

「外注でいい。

あのダーウィンと渡り合える技術力のある会社に、

このトラクターを託せ!」

そう言い放ち、製造部を

無人農業ロボット事業から外したのです。

 

そして的場に

「今日、地の底に堕ちた我々の信用を

全力で取り戻せ!」

と有無を言わせず、命じたのです!

 

かほさん

「ダーウィンと渡り合える技術力のある会社に託せ」のセリフがじ~んと来たわぁ~!
つまり、佃製作所に託すってことだよね!?

やっと佃製作所の出番だね!

タコ

かほさん

藤間社長って、一見独裁者っぽく見えるけど、ちゃんと分別ある人だよねぇ~。

 

水原本部長のお手柄!

 

実は、的場取締役が財前部長の手柄を

横取りしようとしたことも、

無人農業ロボットが当初の企画とは

大きく逸脱したことも、

藤間社長は知っていました。

 

財前部長の計画書は、秘書室長を通して

こっそりと藤間社長に届けられていたのです。

 

それは、水原本部長の仕業でした。

 

おかげで、的場取締役にかき乱された

無人農業ロボット事業は、

本来の財前部長の手に戻り、

佃製作所には、エンジンとトランスミッション製造開発の

話が戻ってきたのです。

 

やっと落ち着く所へ落ち着いたってカンジだね。

タコ

かほさん

これから、ダーウィン・プロジェクトに反撃だー!

 

次のお話はこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2 ダーウィンとアルファ1のトランスミッションの不具合の明暗

 

『下町ロケット ゴースト』ネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ゴースト』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット TBSドラマ続編 「ゴースト」「ヤタガラス」原作ネタバレ!

下町ロケット ヤタガラスのネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット ヤタガラス ネタバレあらすじ(まとめ) 帝国重工VSダイダロス 無人農業ロボットの勝利者は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です