下町ロケット ヤタガラス ネタバレあらすじ(まとめ) 帝国重工VSダイダロス 無人農業ロボットの勝利者は?

2018年10月スタートのTBS日曜劇場

『下町ロケット』の続編の原作後編、

『下町ロケット ヤタガラス』の

ネタバレあらすじです。

注意
この記事は、原作を読み進める都度、追記いたしますね!

 

前編『ゴースト』のあらすじ

前編『下町ロケット ゴースト』のあらすじはこちら!

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット TBSドラマ続編 「ゴースト」「ヤタガラス」原作ネタバレ!

 

スポンサーリンク

 

ギアゴースト、伊丹と島津の決裂!

 

ケーマシナリーから特許侵害で訴えられ

15億円の損害賠償を請求されたギアゴースト。

 

佃航平(阿部寛)と佃製作所の協力により、

裁判に勝つことができ、

大きなピンチを乗り越えることができました。

 

ところが勝訴したその日の夜、

ギアゴースト副社長の島津裕(イモトアヤコ)

社長の伊丹大(尾上菊之助)から

意外な話を打ち明けられます。

「ダイダロスと業務提携を決めた。」

と。

 

ダイダロスは佃製作所のライバル会社。

 

親身になってくれた佃製作所を裏切る行為に

島津は猛反発!

 

それに加えて、

いまだに帝国重工への恨みを捨てきれない伊丹に

呆れ果てる島津。

 

共同経営者のはずの二人でしたが、

帝国重工への復讐の念に囚われた伊丹は、

「シマちゃんはもう必要ない。」

と、冷酷にも切り捨てたのです。

 

その後、島津は佃製作所を訪れ、

ギアゴーストとダイダロスが業務提携することと

自分がギアゴーストを退職したことを伝えます。

 

佃製作所への入社を勧める佃航平と社員たち。

 

しかし島津は返事を保留します。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2 ヤタガラス 島津裕(イモトアヤコ)が佃製作所の社員になる!?原作ネタバレ

 

ギアゴースト伊丹社長の裏切りと佃の怒り

 

ギアゴーストがダイダロスと手を結んだことが

どうしても信じられない佃航平。

 

直接、伊丹社長の口から事情を聞きたいと、

ギアゴーストを訪れます。

 

しかし、人が変わったかのような

つっけんどんな態度の伊丹に

佃の我慢も限度を超えようとしていました。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ『下町ロケット』続編ヤタガラス 原作ネタバレ!佃を裏切ったギアゴースト社長 伊丹大がひどすぎる!

 

財前部長の新プロジェクトとは!?

 

ギアゴーストの裏切りにより

トランスミッション用バルブ納入という

アテが外れた佃製作所。

 

途方に暮れる佃社長の元に

帝国重工の財前部長(吉川晃司)が現れます。

 

財前部長は、新プロジェクトである、無人農業ロボットの話と、

そのノウハウの開発者である、

北海道農業大学教授・野木博文から

なかなか良い返事がもらえないことを

佃航平に話します。

 

実はその野木教授は、佃の大学時代の旧友でした。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2 ヤタガラス 野木博文教授が財前部長にOKしない理由は?原作ネタバレ

 

スポンサーリンク

 

新しい敵はダイダロス+ギアゴースト+キーシン

 

佃航平は野木教授と対面するために、

財前部長に同行して北海道農業大学を訪れます。

 

旧友との再会を喜ぶ佃。

 

しかし野木教授は、

財前部長の依頼にOKをしない理由を

佃航平にもなかなか明かそうとしません。

 

それには苦い思い出があったのです。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2 佃製作所とギアゴーストとダイダロスとの戦いとは? 原作ヤタガラス ネタバレ

 

的場が財前の企画を横取り!佃製作所の運命は!?

 

佃航平の説得により、

財前部長の企画に参加することになった

北海道農業大学の野木教授。

 

順調にスタートしたと思われた

財前の新プロジェクトに

予想外の邪魔が入りました。

 

財前の企画書を見た的場取締役は、

将来性がある内容だと判断し、

自分の企画にしようと、財前から自分直下の

事業にするべく動き出しました。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ帝国重工の悪役 的場(神田正輝)が佃製作所を無人農業ロボット開発から外す!?原作ネタバレ

 

伊丹と重田による帝国重工・的場への復讐がスタート!

 

帝国重工の的場取締役を追い落とすために

手を組んだギアゴーストの伊丹社長と、

ダイダロスの重田社長が

とうとう動き出しました。

 

それも、帝国重工と同じ、

「無人農業ロボット」開発という手を使って。

 

もともと企画力に長けていた伊丹の作戦なのか、

帝国重工は全て後手に回ってしまいます。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじダイダロス重田とギアゴースト伊丹の的場への復讐 ダーウィンプロジェクトとは?

 

スポンサーリンク

 

帝国重工とダーウィン最初の対決の勝敗は!?

 

岡山で毎年開催されている「アグリジャパン」という

農業の一大イベントで、無人農業ロボットの

デモンストレーションをすることになった帝国重工と

ダーウィン・プロジェクト。

 

帝国重工の威信をかけた

この無人農業ロボット対決の結末は、

あまりにも悲惨な結果でした。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじアグリジャパン 帝国重工アルファ1対ダーウィン 無人農業ロボット対決の勝敗は?下町ロケット2ネタバレ

 

スポンサーリンク

 

帝国重工とダーウィンのトランスミッション不具合の明暗

 

藤間社長の鶴の一声で主導権が財前部長に戻り、

無人農業ロボット事業に参加が決まった佃製作所。

 

帝国重工の無人農業ロボットは、

当初の通り、小型・中型路線に戻しました。

 

加えて佃製作所と島津裕の技術力により、

格段に能力が向上しました。

 

そんな折、帝国重工の無人農業ロボットが

突然エンストを起こします。

 

それは、以前から度々ダーウィン側にも

起きていた現象と同じものでした。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2 ダーウィンとアルファ1のトランスミッションの不具合の明暗

 

帝国重工+佃製作所とダーウィンの再対決!

 

北海道北見沢市で、帝国重工の「アルファ1」と

ダーウィンの無人農業ロボット対決の機会が

再度訪れました。

 

今度は佃製作所が製造した

エンジンとトランスミッション。

 

唯一の不安は、佃製作所はトランスミッションの製品化の

実績が無いことでした。

 

一方のダーウィン・プロジェクトも

原因不明の不具合を抱えたままでした。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ帝国重工とダーウィン 無人農業ロボット北海道で再対決!勝敗は?

 

藤間社長は退陣する?的場取締役は社長に就任する?

 

無人農業ロボットに関わってから、

次期社長候補として、我が物で振る舞ってきた

的場取締役の威勢に翳りが見え始めました。

 

やることなすこと裏目に出てばかり。

 

的場に復讐を誓う、ダーウィン・プロジェクトの

重田と伊丹は、次々と的場落としの策を練ってきます。

 

そしてとうとう、的場落としの決定打となる

出来事が起きたのです。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ帝国重工 的場(神田正輝)は社長になる?藤間(杉良太郎)は辞職する?原作ヤタガラスネタバレ

 

ギアゴースト伊丹とダイダロス重田の結末は?

 

帝国重工・的場取締役への復讐を果たした、

ギアゴーストの伊丹社長と

ダイダロスの重田社長。

 

目的を果たした二人ですが、意外にも

さほど喜びを感じるわけではありませんでした。

 

それよりもダーウィンの不具合が

日々大きな問題となり、

とうとうリコール問題にまで発展しました。

 

それを解決するには、ギアゴーストが

佃製作所とライセンス契約を結ばなければなりません。

 

的場への復讐のために佃製作所を裏切った伊丹社長。

 

その因果応報な運命はどうなったのでしょうか?

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじギアゴースト伊丹の結末は?ダイダロス重田社長の最後はどうなった?下町ロケット 最終回ネタバレ

 

財前部長はスターダスト計画に戻れた?

 

的場取締役によって、

スターダスト計画から外された上に

無人農業ロボットの企画も横取りされ、

蚊帳の外に置かれた財前部長。

 

的場の失脚により、財前部長に

無人農業ロボット事業の指揮権が戻りました。

 

財前部長は見事にこの企画を成功させました。

 

そして藤間社長肝入りの事業・スターダスト計画も

社内からも世間からもその必要性を

認められるようになりました。

 

そんな成功を収めた財前部長は、

スターダスト計画に戻れたんでしょうか?

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット続編 財前部長(吉川晃司)はスターダスト計画に戻れた?帝国重工のトラクターはどうなった?結末あらすじ

 

無人農業ロボットと登場人物それぞれの結末は?

 

ギアゴースト伊丹社長、的場取締役、財前部長、

殿村(元経理部長)など、

最終回でどうなったか気になるキャラの

結末をまとめました。

 

詳しくはこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ『下町ロケット2』最終回ネタバレ 原作ヤタガラスの結末は?

 

ヤタガラス編の主要登場人物とキャストの紹介

 

ドラマ後編にあたる、『下町ロケット ヤタガラス』の

主要登場人物と、そのキャストの紹介です。

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2後編 ヤタガラス ドラマ登場人物とキャスト(ネタバレあり)

 

下町ロケット ヤタガラスの原作本はこちら

 

 

1 Comment

アオキ

下町ロケット新春スペシャルはドラマとしては良かったが、農家の人の立場になるとガッカリだった。トラクターなら特に問題は無いが、コンバインはやり過ぎ!
帝国重工が製造したコンバインは普通型コンバインと言って日本の中小規模の圃場では使われない。大きさから言うと大豆刈り用コンバイン。雨中で脱穀部が詰まりにくいと判断して使ったものと思いますが、後方のチョッパー部から3番飛散として未脱穀のモミが飛散され悲しいことになっていた。農業は自然との闘い。雨が降ったら刈取りはしません。台風が来ても過ぎるまで待ちます。農家の人達は稲が倒伏しないよう普段から管理しています。それでも倒れても自脱型コンバインならば刈取りして行きます。視聴された皆様に誤解がないようお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です