帝国重工とダーウィン 無人農業ロボット北海道で再対決!勝敗は?

2018年スタートTBS日曜劇場

『下町ロケット』原作、

『下町ロケット ヤタガラス』原作ネタバレです。

 

帝国重工のアルファ1と

ダーウィン・プロジェクトのダーウィンの、

無人農業ロボットの2度めの対決の機会が

巡ってきました。

 

前回の岡山での「アグリジャパン」では、

帝国重工は完敗。

 

それどころか、大恥をかく結末となりました。

【 関連記事 】

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじアグリジャパン 帝国重工アルファ1対ダーウィン 無人農業ロボット対決の勝敗は?下町ロケット2ネタバレ

 

かほさん

でも今度は、ロケット品質の佃製作所製のエンジンとトランスミッション!
安さは一流、技術は二流のダイダロスには負けないぞ!

タコ

 

今度の対決では帝国重工は

リベンジできるんでしょうか!?

 

今度の会場は、北海道北見沢市。

この会場では、様々な再会劇が見られました。

 

かほさん

的場とか伊丹とか重田とか奥沢とか島津とか~~~~!
うわっ!人間関係でも対決か!?

タコ

もしかしたら、こっちの対決のほうが

面白いかも知れません!

 

前回のお話はこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット2 ダーウィンとアルファ1のトランスミッションの不具合の明暗

 

スポンサーリンク

 

ICT農業推進プログラムとは

 

帝国重工の無人農業ロボットと、

ダーウィン・プロジェクトのダーウィンは、

浜畑首相肝入りの『ICT農業推進プログラム』

認定されました。

 

北海道北見沢市は行政をあげてICT農業に

力を入れていることで、首相の訪問が決まり、

それに合わせて無人農業ロボットも視察したい

ということになったようです。

 

それで今回の会場が北海道北見沢市に

決まったのです。

 

<ICT農業とは?>

直訳すれば、
農業分野で活用される「情報」や、その計測や伝達に必要となる「機器・機械」や
「アプリケーションやシステム」の総称、といったところでしょうか。

もう少し具体的に説明すると、土づくりから作付、収穫・出荷に至る工程や、
栽培環境(気象やCO2濃度等を含む)を計測し、その測定結果を蓄積・分析し、
-栽培環境を改善したり、
-作業工程を効率化したり、
-収穫・出荷期を予測したり、
-天候を予知して対策を打ったり、
-トレーサビリティに向けた情報提供をしたり…
ということができるようになる仕組み全体を、「農業ICT」と呼んでいます。
また、こうして計測して蓄積されたデータを「(農業)ビッグデータ」と呼んでいます。

引用元:http://r-table.info/2014/06/510/

 

今度は浜畑首相の他に、

2人の大物政治家と北海道知事の前で、

帝国重工のアルファ1とダーウィンの

デモンストレーションが行われることになったのです。

 

因縁の人間対決!

 

そしてこの会場では、いろんな再会劇が

見られました。

 

野木教授 × キーシン戸川

 

直接の再会ではなく、遠巻きでしたが、

野木教授はキーシンの戸川社長の姿を見つけました。

 

ダーウィン・プロジェクトの一員である戸川は、

かつて、野木教授から自動走行の開発ソースを

盗んだ男でした。

 

ダーウィンは盗作したプログラムをベースに

開発されているのです。

 

佃製作所の軽部や立花が、戸川に文句を

言おうとしましたが、

野木はそれを制して言いました。

 

「あれから6年もの歳月が経っているんです。

ICTにおける6年は、その他の一般的な産業の

30年いや、50年にも相当すると言ってもいい。」

と。

 

かほさん

要するに、いくらソースを盗んでも、日進月歩の業界で、それを進化させ続ける能力が無いとダメってことね。
野木教授は冷静沈着。思慮深い人だね。

タコ

 

スポンサーリンク

 

製造部 奥沢部長 × 島津裕

 

帝国重工の的場取締役と機械製造部部長・奥沢も、

北見沢市の会場に来ていました。

 

え?奥沢部長は無人農業ロボット事業から完全に外されたのでは?

タコ

かほさん

「いつになったら外注から製造部に戻すんだ!」って、的場が沖田会長から激を飛ばされたらしいよ。

復活の日をまだ虎視眈々と狙ってんじゃないの?

 

新しいアルファ1用には島津裕が設計した

「無段変速トランスミッション」が搭載されていました。

 

しかし奥沢部長は、その耳慣れない構造を

最初から理解しようともせずに、

自分たちが製造したトランスミッションのほうが

上だったと、ケチを付けます。

 

「あれ基本設計が古すぎて、

使いにくいと思いますけど。」

その声に振り向くと、島津裕が立っていました。

 

奥沢部長は、かつて島津を総務部へ

左遷した人物のひとりです。

 

その時も、

新しいトランスミッションを提案する島津の頭を

古い考えで押さえつけ、

帝国重工の墓場へ飛ばしたのです。

 

島津が帝国重工の下請け会社にいることを

「身分相当」と小バカにする奥沢。

 

的場と一緒になって、

新しいアルファ1を散々罵って去っていきました。

 

かほさん

的場は外注化した藤間社長の判断を“老害”って言ったんだよ!
うわっ!仮にも社長のことを!何様だ!?

タコ

 

的場 × 重田 × 伊丹

 

そして、因縁の3人の再会もありました。

 

ダイダロスの重田が的場に声を掛けてきたのです。

ギアゴーストの伊丹も一緒です。

 

重田の顔を見て、一瞬息を呑んだ的場でしたが、

次に伊丹を見て、小馬鹿にしたような

失笑をしてみせました。

 

「なるほどな。そういうことか。」

 

自分を貶める週刊誌記事の

ネタ元の犯人が分かり、腑に落ちた的場。

 

「誰のせいでもない。全ては自分のせいだ。

他人のせいにしてもらっては困る。では失礼。」

と、とっとと背中を向け去って行きました。

 

重田は的場の背中に向かって、

「俺達はお前を徹底的に叩き潰す!」

と、宣戦布告。

 

的場は「フンッ」と鼻を鳴らしただけでした。

 

スポンサーリンク

 

アルファ1とダーウィン、2度めの対決の結果は?

 

今度こそ、素晴らしいデモンストレーションを

披露しようと意気込んでいた

帝国重工側でしたが、

浜畑首相が大幅に遅刻してきたため時間が足りず、

首相に見せるデモンストレーションは

半々に時間を分けることもせず、

ダーウィンだけで行われました。

 

首相は、庶民の味方というジェスチャーを

アピールしたかったのです。

 

帝国重工側は、

首相が去ってからの走行となりました。

 

焦った的場は、すかさず首相に挨拶に行きましたが

 

「中小企業を苛めないで下さいよ。」

 

などと皮肉を言われ、的場は怒りに震えました。

 

トランスミッションに不具合を抱えている

ダーウィンでしたが

この日は運良くトラブルもありませんでした。

 

首相一向が去った後は、観客まばらでした。

 

再対決どころか、

土俵にも上がらせてもらえなかった今回。

 

軽部が「不戦敗」だと愚痴をこぼしましたが、

島津は、

「とっても良かった。」

と満足げでした。

 

かほさん

島津は政治家の視察なんて、どうでも良かったんだね。
根っからの技術者の島津は、すばらしい無人農業ロボットが完成したことで満足だったのかも知れないね。

タコ

 

この日、伊丹と島津も顔を合わせましたが、

「本当に売るの?」

と意味深なセリフを吐いた島津。

 

この時の伊丹は、島津の真意を読み取れませんでした。

 

それが後にダーウィンに、ギアゴーストに、

大きな危機をもたらす警告だったとも気づかずに・・・。

 

次のお話はこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ帝国重工 的場(神田正輝)は社長になる?藤間(杉良太郎)は辞職する?原作ヤタガラスネタバレ

 

『下町ロケット ゴースト』ネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ゴースト』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット TBSドラマ続編 「ゴースト」「ヤタガラス」原作ネタバレ!

下町ロケット ヤタガラスのネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット ヤタガラス ネタバレあらすじ(まとめ) 帝国重工VSダイダロス 無人農業ロボットの勝利者は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です