大貫勇輔 『高嶺の花 』神宮兵馬役は誰!?第7話登場の京都家元候補がかっこいい!

日本テレビ系列ドラマ

『高嶺の花』

 

第7話に登場の

神宮兵馬(じんぐう ひょうま)

のオーラがすごいです!

画像は公式Instagramの埋め込み機能による表示です。

 

まさかの京都の家元候補が登場!

 

これまで、千葉雄大くん以外、

男性メインキャラがいまいちパッとしなかったこのドラマ。

(・・・というか、主演の峯田和伸さんが、ちょっとねぇ・・・)

 

そこに突然、登場したのが

華道の京都の流派・神宮流お家元候補の神宮兵馬。

 

かほさん

以前、宇都宮龍一(千葉雄大)の回想シーンで

頭に白い袋をかぶっていた人ですよね。

あの時の格好が格好だったから、

てっきりでっぷりとしたおっちゃんなのかと

勝手に想像しておりました。

 

ところが!

 

第7話でその正体を現した彼は、

なんという長身で優雅なたたずまい!!!

 

顔は超イケメンってほどではありませんが、

まあ、悪くない感じです。

 

そもそも、「かっこいい」男性って、

顔だけじゃありませんよね!

 

大沢たかおさんや綾野剛さんのように

顔はイマイチでも(← かなり失礼)

全体的にかっこいいオーラを発している人はいるものです。

 

それに加え、役どころもすっごくいいんです!

 

かほさん

もう一人のもも(石原さとみ)が消えたことに気づく眼力を持っています!

 

実は、宇都宮龍一は神宮流家元の

愛人の子だということが明かされたんです。

 

神宮兵馬と家元候補を争った時、

彼が本妻の子だから勝ったんだと、龍一は恨んでいました。

かほさん

でも、格が違うんじゃね?

どのみち勝負は決まっていたのでは?

 

そんな感じです。

 

宇都宮龍一がすごくちっちゃな凡人に見えてしまうのです。

 

・・・と同時に、神宮兵馬は

感情もどこかへ置いてきた感じのキャラです。

 

だからこそ華道家として、

ももが目指すべき領域に達しているのかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

 

神宮兵馬役の俳優さんは誰!?

 

ところで、

かほさん

神宮兵馬を演じている人は誰!?

私ゃ、見たことないぞ!

 

・・・ということで、

気になったのでリサーチ♪

 

演じているのは、大貫勇輔さん。

かほさん

大貫勇輔?はて?

知らなかったのも仕方ないです!

この大貫勇輔さんは、元々はダンサーです!

  • 大貫勇輔(おおぬき ゆうすけ)
  • 1988年8月31日生まれ
  • 神奈川県座間市出身
  • 身長180cm
  • ホリプロ所属
  • ドラマ歴:2015年『セカンド・ラブ』に出演
  • 祖父・母・叔母が元体操選手

 

かほさん

『セカンド・ラブ』ってどんなドラマだっけ?

亀梨和也さん演じる挫折したダンサーと、

深田恭子さん演じる高校教師が濃厚ラブシーンを

繰り広げたドラマです。

かほさん

そう言えば、亀梨さんと立場が入れ替わった

優秀なダンサーがいたよね!

 

なるほどなるほど!

 

その時は特に注目しませんでしたが、

今回は和服で登場したせいか、

優雅な身のこなしが際立っていました。

 

むしろ、ももは直人(峯田和伸)よりも

こっちとくっついたほうが、

めでたしめでたしなのでは?・・・と思っちゃいました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です