義母と娘のブルース最終回 原作の結末は20年後!みゆきとヒロキは結婚!亜希子の最期

ドラマの義母と娘のブルースは

10年後の亜希子とみゆきで最終回となりましたが、

原作では20年後まで描かれています。

 

スポンサーリンク

 

みゆきとヒロキは結婚!

 

みゆきとヒロキは結婚していて、二人の子供がいます。

みゆきはヒロキの母親、つまり姑と同居しているので、

亜希子とは別に住んでいます。

(ドラマのように大阪ではないようですが。)

 

亜希子はコンサルタントの会社を経営し、

忙しい日々を送っています。

(ドラマでは有名コンサルタント会社からの

スカウトでしたが)

 

ところがある日、嫁姑問題で家出したみゆきが、

亜希子のところへ転がり込んできます。

 

年を取った亜希子のことが心配になったみゆきは、

1か月経っても、なかなか帰ろうとしません。

 

亜希子はみゆきの荷物をヒロキの家に送り返し、

強引に帰そうとしますが、

そんな矢先、亜希子は泥酔したまま真冬の路上で転倒。

 

危うく凍死するところでした。

 

念のために精密検査を行ったところ、

みゆきは亜希子が病気で余命が少ないことを知ります。

 

みゆきは、亜希子を最後まで看取りたいとヒロキに相談。

 

当然、亜希子は辞退しますが、

なんとか亜希子を説得し、一緒に暮らすことを承諾させました。

 

そして、亜希子には重病であることを知らせないまま、

みゆき夫婦+ヒロキの母親+みゆきたちの子供

そこに亜希子を加えた、6人の生活が始まります。

 

スポンサーリンク

 

号泣の亜希子の最期

 

そして亜希子の最期がやってきます。

 

絶命の直前、亜希子は良一の幻を見ます。

「会いたかった・・・」そう言って

良一に抱きつく亜希子。

 

迎えにした良一と共に、天国へ旅立った亜希子。

 

亜希子の葬儀では、みゆきの子供たちが

「はじめまして。」と名刺をお友達に差し出す、

名刺ごっこで遊んでいます。

 

まとめ

 

ドラマ版の最終回も感動的で楽しかったですが、

原作のラストはめちゃくちゃ泣ける最後ですね!

 

ドラマ版は亜希子とみゆきが出会って10年後までが描かれて、

さいごは明るく終わりましたが、

できれば原作と同じく20年後まで

やって欲しかったです!

 

ぎぼむす!スペシャル希望です!

 

義母と娘のブルース原作本はこちら

 

原作本は4コマ漫画になっています♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です