高嶺の花 月島流の家元は誰がなる?ももは新流派の立ち上げ!ななは勘当

月島流家元を継ぐと決意したももですが、

なぜか新流派を立ち上げると言い出し、

新流派を認めてもらうための「俎上(そじょう)」を

開きます。

 

そして、「私はお花」とニコニコしながら

花を生けるもも。

 

まるで頭がおかしくなったようで、

ひたすら不気味でした。

 

結果的に新流派は認められたので、

ももは月島流を継がないこと決定です。

 

ななは、姿を消した龍一を探し出し、

追いかけてハッピーエンド。

やはり月島流は継がない方向です。

 

そしてラストでは月島家元は、

ももの母であるちえこに対しては、

その才能に嫉妬し、疎ましく感じるようになって遠ざけたと、

妻のルリ子に本心を告げます。

 

そして、月島流のことを一番真剣に思っているのは

ルリ子(ななの母)だと感謝し、

ルリ子のことを本当に愛していることを告げます。

 

それを聞いたルリ子。

 

「その気持が本当なら、もう一人

子供を生んでみせます!」

と宣言!

 

な、な、何と!

月島流の次期家元は

これから作られる予定だそうです。

 

・・・の割には、龍一と

肉体関係になるように仕組んだり、

もうわけがわかりませんよね。

 

あまりにも無茶苦茶な結末のドラマでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です