半沢直樹は東京中央銀行に戻れる?ドラマ続編ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

新シリーズ、1話の最新映像をたっぷりお見せします!(新たな放送日が決まり次第、公式HP等でお知らせ致します📢) #半沢直樹 #tbs

半沢直樹(@hanzawa_naoki_tbs)がシェアした投稿 –

注意

この記事は『半沢直樹』続編の

前編のネタバレになりますので

ご注意下さい!

 

こちらの記事も合わせてご覧ください!

半沢直樹 続編 半沢直樹が出向になった理由は左遷?出向先はどこ?

 

スポンサーリンク

 

半沢直樹は東京中央銀行に戻れる?

 

『半沢直樹』前作のラストで、東京セントラル証券に

出向となった半沢直樹。

銀行員の出向イコール左遷だと、ドラマ内では

言われています。

 

左遷された半沢直樹は、

東京中央銀行に戻ることができるんでしょうか?

 

『半沢直樹』のドラマ続編は

・前編 ⇒ 原作『ロスジェネの逆襲』

・後編 ⇒ 原作『銀翼のイカロス』

(どちらも池井戸潤さん著)

 

となっていて、前編は半沢直樹が左遷先の

「東京セントラル証券」で活躍する姿が

描かれています。

 

そして、ズバリ・・・

半沢直樹は東京中央銀行に戻れます!

めでたく前編のラストで

東京中央銀行に返り咲いて、

後編では、出戻った東京中央銀行での

活躍が描かれています。

かほさん

どんな手柄で戻れたのか、どの東京中央銀行のどの部署へ異動となったのか。

これ以降は、ネタバレOKの方だけ読み進めて下さいね!

半沢直樹、また左遷?

 

東京中央銀行から東京セントラル証券に

出向になった半沢直樹(堺雅人)

 

しかし「出向」という左遷的扱いを受けてもなお、

悪い奴らを懲らしめる姿勢を曲げることはせず、

「倍返し」することを忘れない半沢直樹。

 

今回の半沢直樹は、東京スパイラルというIT企業の

M&A(企業買収)を巡って、

よりによって、東京セントラル証券の親会社である

東京中央銀行に盾突き、「倍返し」してしまうのです!

 

その倍返しの相手というのは

・東京中央銀行 副頭取:三笠 洋一郎(役:古田新太)

・東京中央銀行 証券営業部 部長:伊佐山 泰二(役:市川猿之助)

です。

 

そもそも、ルールを破って暴挙を行ったのは、

東京中央銀行 証券営業部の方で、

半沢直樹が「倍返し」をしまくったわけですが、

 

半沢直樹にとことん邪魔をされ、

逆ギレの三笠副頭取は、

半沢直樹を東京セントラル証券から別会社へ

再出向させようと計画します。

 

今度は、東京中央銀行の子会社どころか、

未上場で聞いたこともないような会社の

財務部長として出向させようとしたのです。

かほさん

渡真利(役:及川光博)さん曰く、再出向になると、二度と銀行には戻れない片道切符だそうです。

スポンサーリンク

 

三笠副頭取と伊佐山部長の結末は?

 

三笠副頭は取締役会で、

半沢直樹の人事異動についての議題を

上げるつもりでした。

取締役会で人事異動が議題になるなんて、半沢直樹はある意味すごいっ!

タコ

親会社の証券営業部が進めている企業買収を、

東京セントラル証券が買収される側の

アドバイザーに就き、買収させまいと

阻止を続けている。

 

子会社が親会社の邪魔をしている上、

それを主導している半沢直樹は、

出向しているとは言え、東京中央銀行の行員である。

 

それが「利益相反行為」に当たるとして

半沢直樹を中小企業の財務部長として

飛ばそうと企てたのです。

 

もう二度と東京中央銀行には戻れない

片道切符の報復人事です。

 

しかし、

先手を打った半沢にそれを阻止されました。

 

半沢は元上司・内藤部長(役:吉田鋼太郎)を通じて、

取締役会に現れました。

 

そこで、三笠副頭取と伊佐山部長が推し進める

電脳雑技集団への巨額の追加融資と

東京スパイラル買収を阻止。

 

二人に倍返しを行い、大逆転を収めたのです。

 

結果、取締役会での半沢の

人事異動の議題も立ち消えとなりました。

 

しかし、三笠副頭取は半沢直樹の再出向を

諦めてはおりませんでした。

 

半沢直樹により粉飾が暴露された電脳雑技集団。

崩壊した電脳雑技集団からの債権回収を進めるため、

東京中央銀行から人材を送ることになりました。

 

そこで三笠副頭取は報復人事として、

電脳雑技集団を崩壊させた張本人である半沢直樹を

取締役財務部長として出向させようと

目論んだのです。

 

しかし、中野渡頭取から言い渡されたのは、

・三笠副頭取 ⇒ 電脳雑技集団の次期社長

・伊佐山部長 ⇒ 電脳雑技集団の取締役財務部長

でした。

半沢直樹の左遷どころか自分たちが

電脳雑技集団に出向となったのです。

 

スポンサーリンク

 

半沢直樹の異動先はどこ?

 

後日、半沢直樹は

中野渡頭取に呼び出されました。

 

出向中の行員を呼び出し、

頭取自らが辞令を交付するという

前例のない人事異動でした。

 

中野渡頭取は頭取執務室で自ら辞令を読み上げます。

「辞令。半沢直樹、

営業第二部第一グループ次長を命ず。」

元の部署、元のポストへ出戻りです。

なんだ。ポストはそのままか~。

タコ

原作では、

「半年前まで通い慣れたドア・・・」

とあるので、

半沢が東京セントラル証券に飛ばされてから

東京中央銀行に戻るまでは

実は、たった半年間の物語だったようです。

かほさん

ドラマの続編は7年も待ったのにね!

こうして、東京中央銀行の

元の部署へ返り咲いた半沢直樹。

 

ドラマ続編の後編では、

東京中央銀行で活躍する半沢直樹の姿が

見られます。

かほさん

後編では、業績が悪化した航空会社の再建を、中野渡頭取自ら半沢直樹を指名します。

半沢直樹2の原作はこちら

 

半沢直樹 続編原作の詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です