中川京一(池端真之介)悪徳弁護士の結末は?最後はどうなる?下町ロケット2ネタバレ

スポンサーリンク

悪徳弁護士・中川京一が再登場!

 

『下町ロケット』ドラマ続編に

池端真之介さん演じる中川弁護士が再登場です。

【参照元】http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/character/

あの、おねえ弁護士だね。

タコ

悪徳弁護士・中川京一は、

前作でも大活躍(!?)の悪行ぶり。

 

ドラマ『下町ロケット』のパート1では

佃製作所がナカシマ工業に特許侵害で訴えられた際、

ナカシマ工業側の弁護士として登場します。

 

かほさん

で。結局、佃製作所側の神谷弁護士にやっつけられて、

ナカシマ工業は逆に56億円もの和解金を

佃製作所に支払うハメになったんだよね!

 

その中川弁護士が性懲りもなく、

ケーマシナリーという外資系大企業の代理人となり、

今度はギアゴーストを特許侵害で訴えてきます。

 

ギアゴーストはケーマシナリーから

15億円もの損害賠償請求をされるのですが、

もしギアゴーストが裁判で負けた場合は、

佃製作所がその15億円を支払って、

ギアゴーストを買収しようかと

佃航平は考えました。

 

トランスミッションの分野に参入したい佃製作所としては、

ギアゴーストは15億円払ってでも手に入れたい

会社だったのです。

えっ!?佃製作所にそんな大金があるの!?

タコ

かほさん

以前、ナカシマ工業から受け取った和解金があるのよ!
そっか~!中川弁護士を負かして手に入れた65億だね。

これも因縁ってやっだね(笑)

タコ

 

「今ならギアゴーストを買い叩ける。」

神谷弁護士にそう言われました。

 

でも佃航平は結局そうはしませんでした。

 

ギアゴーストに他に勝てる道が無いか、

一緒に探し出したのです。

 

その経緯と、「神谷弁護士vs中川弁護士」

再バトルの結果は、こちらの記事に詳しく書いてあります。

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット2 ギアゴースト ケーマシナリーとの裁判の結末は?原作ネタバレ

 

スポンサーリンク

 

中川弁護士、資格剥奪!

 

結局、ギアゴーストとの裁判で中川弁護士は、

神谷弁護士にまたしてもしてやられ敗訴しました。

 

ところが今回の中川弁護士は、

負けただけでは済みませんでした。

 

ギアゴーストの顧問弁護士・末長と共謀し、

ギアゴーストのトランスミッション設計情報を

他社へ流出させたことを神谷弁護士により

暴露されてしまいました。

 

慌てふためく中川弁護士でしたが、

もうどうにも誤魔化しようがありませんでした。

 

これにより中川弁護士は、末長弁護士と共に

「不正競争防止法違反」

の疑いで逮捕されました。

 

その後、中川弁護士は、

弁護士資格を剥奪された上、実刑を食らったのです。

 

かほさん

完全に息の根を止められたと思ったのにね。
これで中川弁護士の登場シーンは終わりじゃなかった!

タコ

かほさん

しぶといねぇ~。

 

中川弁護士は何と!

この後、まだまだ登場するのです!

 

注意

ここから先は

かなり物語終盤のネタバレになりますので

知りたくない方は、ここでストップして下さいね。

 

中川京一の復活!

 

原作の『下町ロケット ヤタガラス』では、

終盤近くに中川弁護士・・・いえ、中川弁護士が

再登場します!

かほさん

忘れた頃に出てきたのでビックリ!

 

今度は佃製作所のライバル会社

「ダイダロス」法律顧問となって再登場です!

もともと中川元弁護士は、ダイダロスの顧問弁護士だったんだよね。

タコ

 

帝国重工の次期社長候補と言われる

的場取締役(神田正輝)に恨みを持つ

ダイダロスの重田社長(古舘伊知郎)

 

重田は、的場取締役をその地位から転落させるために

虎視眈々と機会を探っていました。

 

そしてとうとう、

打倒・的場の大チャンスが訪れたのです。

 

重田のダイダロスと、

伊丹(尾上菊之助)のギアゴーストを中心に

中小零細企業の集合体で結成された

「ダーウィン・プロジェクト」

 

そのダーウィンプロジェクトが開発した

自動走行のトラクター「ダーウィン」が

製造を中止せざるを得ない事態が発生しました。

 

ダーウィン・プロジェクトから

どんどん企業が辞退して行ったためです。

 

的場取締役の下請企業に対する圧力が原因でした。

 

帝国重工の下請企業の中で

ダーウィン・プロジェクトに参加している企業に

「ダーウィンから手を引かないと、取引を打ち切る。」

などと脅したのです。

 

これに対し、ダーウィン・プロジェクト側では

圧力を受けた下請会社20社が徒党を組んで、

公正取引委員会に

「下請法違反」

として、的場取締役に対する

申し立てを行ったのです。

 

それを陰で糸を引いていたのが、

中川元弁護士です!

 

これにより、帝国重工的場取締役は、

帝国重工を辞職することになりました。

へえ~。中川弁護士も、最後は的場取締役という“悪”を倒してくれたんだ。

タコ

かほさん

中川弁護士が初めて庶民の味方をした気がする・・・。

 

原作で中川京一が登場したのはそこまでで、

その後のことは分かりません。

 

でも弁護士資格を失っているので、

ダイダロスの法律顧問に留まるのかな?・・・と思います。

 

わからないよ~!弁護士資格無くても、法律事務所を立ち上げるかもな!

タコ

かほさん

米倉涼子のドクターVか!?ちゅーの!

 

ドラマでは池畑慎之介さんが

どんな風に演じてくれるのか楽しみですね!

 

『下町ロケット ゴースト』ネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ゴースト』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット TBSドラマ続編 「ゴースト」「ヤタガラス」原作ネタバレ!

下町ロケット ヤタガラスのネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット ヤタガラス ネタバレあらすじ(まとめ) 帝国重工VSダイダロス 無人農業ロボットの勝利者は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です