ノーサイドの意味は?ワンフォーオール オールフォーワン意味は?どちらも和製英語『ノーサイドゲーム 』

TBSドラマ

『ノーサイド・ゲーム』の

タイトルにもなった

「ノーサイド」という言葉。

 

ラグビーに疎い人間には、

その意味すら分かりません。

かほさん

直訳すると“片方寄りではない”・・・???

 

『ノーサイド・ゲーム』の原作の中で語られる

「ノーサイド」の意味とは何か

・・・を拾ってみました。

 

スポンサーリンク

 

ノーサイドの意味とは

 

トキワ自動車島本社長は、

「ノーサイドの精神」を次のように語っています。

「ボールを奪い合う激しい試合も、

一旦終了の笛が吹かれてしまえば、

敵も味方もなくなる。」

「そしてお互いの健闘をたたえ合う。

崇高な精神だ。」

 

「ノーサイド」の意味は直接的には、

ラグビーの試合終了

を指しています。

 

しかし、島本社長が語っているように

その言葉には

「試合終了と共に敵味方の区別が無くなり

お互いの健闘をたたえ合う。」

といった、

「紳士的な精神」が伴っているようです。

ラグビーは紳士のスポーツとされ,戦いのあとはお互いの健闘をたたえ合うという精神が尊重される。

引用元:コトバンク

かほさん

『ノーサイド・ゲーム』のストーリーの中で、蹴球協会(しゅうきゅうきょうかい)の理事もしきりに

「高貴なスポーツ」とか

「貴族のスポーツ」

「ラグビーは高潔」

なんていい方をしているよね。

ラグビーがそんなにフェア精神にあふれたスポーツだったとは、全然知らなかったよ!

タコ

 

ノーサイドは和製英語?

 

「ノーサイド」の言葉の他に

『ノーサイド・ゲーム』の文中では、

「ワンフォーオール、オールフォーワン」

(One for all,all for one.)

というラグビー用語についても語られています。

 

「ワンフォーオール、オールフォーワン」の意味を

島本社長は次の通り語っています。

~ ひとりはチームのために、

チームはひとりのために ~

ラグビーの選手はチームのために

ひたすら献身し、

そしてチームも選手を見捨てない。

 

島本社長が語るのは精神論のようですが、

直訳すると

「一人はみんなのために,みんなは一人のために」

になります。

 

また、“一人のために”の部分は

“一つの目標のために”

と意訳される場合もあるようです。

 

ところが君嶋が調べてみると、

どちらも英語圏では使われていない

ラグビー用語ということが

分かりました。

 

海外では使われていないラグビー用語だったのです。

 

つまり、日本人が勝手に作った

「和製ラグビー英語」

だったんですね。

かほさん

日本人が好みそうな意味に仕立てられていたのね。

原作では最後に

アストロズと強敵サイクロンズが

美しいノーサイド精神の場面を見せてくれます。

 

ドラマで描かれるのが楽しみですね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です