中学聖日記 最終回で川合勝太郎と原口律は結ばれる?結末はドラマオリジナル?

2018年11月6日放送の

『中学聖日記』第5話

 

末永聖(有村架純)は退職し、

引っ越した上、婚約も破棄。

 

そして、

18歳になった黒岩晶くん(岡田健史)

登場したところで「つづき」となりました!

 

まだ折り返し地点ですが、

最終回で聖と晶は結ばれるのか!?

原口先輩と川合はくっつくのか!?

・・・を予想してみました!

 

スポンサーリンク

 

『中学聖日記』原作はまだ連載中!ドラマ最終回はどうなる?

 

原作は『FEEL YOUNG』に連載中で、

まだ完結していません。

 

コミックスの最新刊が

12月17日に発売されるようです。


TBS系列の火10(火曜日の夜10時に放送するドラマ)は最近、後半から原作とガラリと変えてくることが多いよね。

タコ

かほさん

『花のち晴れ』や『義母と娘のブルース』も後半は原作から大きく逸脱していたね。

 

完結していた『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』

おおよそは原作通りの流れとなっていましたが、

『義母むす(義母と娘のブルース)』

かなりオリジナル要素をぶち込んできました。

 

『中学聖日記』の原作は、

まだもたもたした展開なので

ドラマのほうではオリジナルストーリーとなり、

きっちり完結

させるのでは?・・・と思います!

スポンサーリンク

聖と黒岩くんは結ばれる?

 

途中経過は、

「黒岩くんが、るなと付き合う」

とか、

「勝太郎が聖とよりを戻したがっている」

とか、

「聖の居場所を知った晶が聖に会いに来る」

などなど、

既に原作のネタバレが出回っているので

ここでは割愛させていただきますね!

 

ただ、第5話で、

晶を受け入れられない理由を

「15歳だから!」

と叫んだ聖。

 

確かに、「周りの目」以前に、

15歳の晶と交際することは「犯罪」になります。

 

それが18歳になった晶なら、

もう晶との交際を断念する理由はありません。

 

かほさん

原作だと晶は、第一志望の大学を合格して、これからキャンパスライフ!社会人になるまでまだ4年以上もあるよね!
でも交際はできるし、結婚もできる年齢でしょ!

タコ

かほさん

未成年の結婚は親の同意が必要だよ?あの母親が賛成するとは思えない!
そっか!18歳で成人になるのって、いつからだっけ?

タコ

かほさん

2022年4月からだよ(苦笑)

 

これから、晶のお母さん(夏川結衣)が

モンスターのように妨害してきそうですが、

最終的には、聖と晶はくっついて

終わるんじゃないかと思います。

かほさん

ドロドロ続きのこのドラマ。最後は気持ちよく終わって欲しいよね!
「成人してから」と言って、また別れたりして。

タコ

かほさん

おいおい!

 

勝太郎は律と結ばれる?

 

聖の元婚約者・川合勝太郎(町田啓太)と、

パワハラ&逆セクハラな上司・原口律(吉田羊)

 

第5話では律が大胆にも、勝太郎に愛の告白をします!

(当然、フラれましたが)

 

このふたりはどうなるんでしょうか?

 

原作では、勝太郎の気持ちが

だんだん律に傾きかけるようです。

 

かほさん

何と!律は男性経験ゼロという、意外な事実が!
えええ~~~~!!!女性経験のみだった・・・ってこと?

タコ

川合と律は、かなりの高確率で

くっつくのでは?・・・と思います!

 

それにしても、暴走した中学生にグラついて、全てを失うとは。晶も自分と先生が付き合ったら、どういう結果になるのか、考えられないのかね!

タコ

かほさん

そこまで考えないで暴走するからこそ、中学生なんじゃないの?
そうか~!

タコ

次回、岡田健史くんが、

15歳と18歳の違いをどう演じ分けてくれるのか

楽しみですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です