ノーサイドゲームTBSドラマ原作ネタバレあらすじ

 

7月スタートのTBS日曜劇場の

『ノーサイド・ゲーム』

 

TBSドラマでは常連組の池井戸潤さん原作の

ドラマです。

 

しかも今回は「書き下ろし」!

これまで未発表だったため、ストーリーは謎でした。

 

その原作本の発売は2019年6月13日

かほさん

かほさんは

Kindleで6月12日に原作をゲットしたよ~♪

そこで、読み終えたところまで

あらすじをまとめてみました。

注意
ネタバレを含みますので、

ご注意ください!

↓登場人物、配役についてはこちら

ノーサイド・ゲーム原作 ノーサイドゲーム の登場人物とキャストは? 原作ネタバレ

↓元ラガーマンのキャストはこちら
ノーサイド・ゲーム原作 アストロズ部員の役はどこのチームに所属の選手?ラグビー経験者は誰?『ノーサイドゲーム 』

 

スポンサーリンク

 

滝川常務に左遷された君嶋

 

主人公・君嶋隼人(役:大泉洋)

トキワ自動車本社 経営戦略室に在籍する超やり手。

 

あるとき、カザマ商事買収を巡って、

買収推進派の滝川桂一郎(上川隆也)と激しく対立します。

 

その結果、取締役会議でカザマ商事買収は却下され、

それを逆恨みした滝川による報復人事があり、

君嶋はトキワ自動車の横浜工場に左遷されます。

 

しかし、君嶋は意外にも腐らず、

富山の田舎育ちなのもあって、

本社と違ってのんびりムードのトキワ自動車横浜工場に

ホンワカと和んだ気持ちになります。

 

また、1,000人にも登る工場の従業員たちから

温かい拍手で迎い入れられて、

「悪くない。」

という気持ちになるのです。

 

アストロズは崖っぷち

 

トキワ自動車横浜工場には

「トキワ自動車アストロズ」

というアマチュアのラグビーチームがありました。

 

ラグビー愛の強いトキワ自動車社長・島本の

肝いりであるため、弱小・大赤字ながらも

何とか存続し続けているのですが、

しかしアストロズはここ数年ずっと最下位!

 

今期、二部リーグに降格したら

ラグビー部解体の危機にある状況でした。

 

スポンサーリンク

 

アストロズのゼネラルマネージャー

 

トキワ自動車横浜工場の総務部長は、

アストロズのゼネラルマネージャーの兼任が

通例となっていました。

 

しかし君嶋はラグビーについてはまるで無知。

断りたかったのですが、

有無を言わせずゼネラルマネージャーに

就任するハメになります。

 

ラグビー部廃部を先頭を切って唱えているのは、

何と!あの滝川常務。

 

君嶋は、アストロズの存続を巡って、

またもや滝川常務と対立する因縁劇となります。

 

ラグビーの不人気と日本蹴球協会

 

16億円もの赤字垂れ流しのアストロズ。

 

君嶋は、元経営戦略室だっただけあって、

ラグビーチームであるアストロズを

企業に見立てて分析し始めました。

 

そして、いくらアストロズがリーグで強くなっても、

赤字解消には結びつかないと判断します。

 

その大きな原因のひとつが、

「日本蹴球(しゅうきゅう)協会」

 

アマチュアのラグビーチームの上に君臨する組織です。

 

古い体質を引きずったまま、何の対策も行わず、

ラグビー不人気を解消しようともしない。

 

特に日本蹴球協会 専務理事の木戸は、

「ラグビーは貴族のスポーツ、

サッカーは庶民のスポーツ」

と言い放ち、

赤字経営のラグビー界の改善提案をした君嶋を見下します。

(つづく)

つづきはこちら

ノーサイド・ゲーム原作 ノーサイドゲーム原作ネタバレあらすじ2アストロズの新監督は誰? ノーサイド・ゲーム原作 ノーサイドゲーム原作ネタバレあらすじ3 アストロズの敵 ノーサイド・ゲーム原作 ノーサイドゲーム原作ネタバレあらすじ4 滝川常務が失脚?アストロズは廃部? ノーサイド・ゲーム原作 ノーサイドゲーム原作あらすじネタバレ5 君嶋を左遷したのは誰?滝川ではない!? ノーサイド・ゲーム原作 ノーサイドゲーム最終回 原作結末ネタバレ 君嶋は本社に戻れる?

 

原作紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です