第6話 静岡サウナしきじ サウナの聖地の感想とあらすじ

ドラマ『サ道』第6話

「サウナの聖地でととのう」

では、サウナの聖地『サウナしきじ』

紹介されました。

 

サウナしきじはどんなサウナなのか。

 

『サ道』第6話のあらすじと、

主人公・ナカタアツロウによる

サウナしきじの感想をご紹介です!

 

スポンサーリンク

静岡しきじの聖水とは?

 

ナカタアツロウ(原田泰造)が食事をしていると

偶然さん(三宅弘城)

イケメン蒸し男(磯村勇斗)がやってきます。

すると偶然さんはマイボトルからコップに水を注ぎ、

ゴクゴクと美味しそうに飲みだします。

 

そして、

「これが水だとしたら、他の水は泥だな。」

と、ちょいとわざとらしく語る偶然さん。

 

すると隣に座っていたイケメン蒸し男くん。

ワナワナと身体が震え出し、

 

「その水・・・まさか!!

透明を超えた透明!そして

クリーミィな水面!」

 

と、偶然さんのコップに残っている水を

ジーッと見つめます。

 

そしてイケイン蒸し男は偶然さんに頭を下げ、

サウナ北欧のドリンク無料券と引き換えに

そのクリーミィな水面の水を

飲ませてもらうことに・・・。

 

それなのにイケメン蒸し男くん。

 

偶然さんから水筒を受け取りそびれて

床に落としてしまったのです。

 

うろたえて、こぼれた水を

床から直接吸おうとする偶然さん。

 

ナカタはそんな二人の様子を

シラケ顔で眺めながら

「その水なんですか?」

と二人に質問します。

 

「サウナーにとっての聖水です。」

と、イケメン蒸し男くん。

 

「聖水?」

ナカタが不思議そうに聞き返すと

偶然さんが

サウナの聖地、知らないんですか!?」

と、いつものように自慢げな言いかたをします。

 

ナカタ「そんな所あるんですか?」

偶然さん「サウナーなのに聖地知らないって!」

ナカタ「聖地ってどこにあるんですか?」

偶然さん「サウナーの聖地は静岡県しきじです。」

 

今度はイケメン蒸し男くんが、

「しきじが聖地と呼ばれる・・・それは、

水風呂です!

水風呂の概念が変わりますよ!

と熱く語ります。

 

「あ!・・ってことは・・・。」と、

やっと腑に落ちたナカタ。

 

そのナカタの反応を見て、

「しきじの水風呂の水です!」

と、ドヤ顔で答える偶然さん。

 

ふたりから話を聞いたナカタは、

早速しきじを訪れ、

ペットボトルに汲んだ聖水を

みんなに土産に持ってきてくれました。

(偶然さんの弟子・熱波師の赤井くんにも!)

 

そしてナカタは、静岡県しきじを訪れた時の話を

みんなに聞かせ始めたのです。

 

サウナしきじの高温サウナと天然水の水風呂

 

ナカタは静岡駅からタクシーに乗車し、

サウナしきじへ向かいます。

 

社内でタクシードライバーと会話すると、

しきじの地元民であるドライバーさんは

意外な反応でした。

 

サウナしきじは、

20歳代~30歳代の客が増えているという

タクシードライバーさん。

 

「サウナの聖地ですからね。」

ナカタがそう言うと、

ドライバーさんは首を傾げました。

 

地元民からすると、昔からある

単なる馴染みのサウナだと言うのです。

かほさん

このドラマ、ご本人の登場が多いけど

まさかこのドライバーさんも

本物のドライバーさん!?

 

そうこうしているうちに、

目的地、『サウナしきじ』に到着!

 

入り口の壁の右側をふと見ると、

色紙が貼ってあります。

15枚位かな?

 

どうやらサウナしきじを訪れた有名人の

サイン色紙のようです。

 

あ!オリラジ藤森の色紙もある!

 

おや?

なぜか偶然さんの色紙まで貼ってある。

 

「偶然偶然」と書いてある(苦笑)

 

ナカタは偶然さんの色紙をはがし、

カウンターの女性に

「有名人でもなんでも無いですよ。」

と言って、ポイと色紙を渡しました。

 

この色紙、偶然さんがお願いして

貼ってもらったらしい。

 

それをはがしちゃったナカタ。

ナカタって意外とシビアですね。

 

次に券売機で入浴券を購入。

 

受付カウンターで手渡されたタオルは

ビニールでパッキングされている。

ナカタは「きれい好きだな~。」と感心します。

 

そして浴室へ・・・。

 

「そこは聖地と呼ぶに相応しい空間であった。」

しきじの浴室内を眺め、静かに感動するナカタ。

 

ほのかに鼻をくすぐる薬草の香り。

 

これが聖地を司る水風呂か~!

 

天井近くの高さから、

滝のように水が流れ落ちている。

 

ナカタはしきじを訪れる前に

ネットでしきじの記事を読みまくり

何度もシュミレーションしていた。

覚悟の上でサウナの聖地へ来たんだね。

タコ

 

身体を洗い流した後、

まずはフィンランドサウナへ。

 

しきじのフィンランドサウナの感想は?

 

サウナしきじのフィンランドサウナに入った

ナカタの感想は・・・

 

熱い! 120℃!

 

(これは相当高温だな・・・。)

 

ナカタがふと左側を見ると

 

「鏡!?」

 

左側の大きな鏡に

サウナ室内が映っていると思って、

ビクッとしたナカタ。

 

(・・・あ、隣のサウナか。

・・・

面白い造りだな。)

 

鏡では無く、大きなガラス窓でした。

映って見えたのは、隣のサウナ室。

 

120℃とは思えないほど

居心地が良かったーーーー。

 

ここで一旦、場面は

いつものサウナ北欧に戻ります。

 

ナカタから話を聞いたイケメン蒸し男くん。

「それはしきじの湿度調節が完璧なんですよ。」

 

120℃の高温なのに快適な、

しきじのサウナ室のその理由を解説します。

 

「体感温度は

湿度のバランスによって変わります。

 

しきじは湿度を70%程度に

絶妙にコントロールしてる

パーフェクトなサウナなんです!」

 

そしてまた、

場面はサウナしきじに戻ります。

 

聖水!しきじの水風呂の感想は?

 

サウナしきじの天然水の水風呂に入った

ナカタの感想は、

 

「しきじを聖地たらしめた水風呂。

他の水風呂とどう違うんだろう。」

 

疑問と期待を抱きながら

しきじの水風呂に足を踏み入れるナカタ。

 

「違う! 全然違う!!

 

なんだ、この まろやかな感じ。

柔らかい。最高だ!」

 

今まで水風呂の温度ばかり気にしてきたナカタ。

(でも、水質がここまで重要だったとは。)

 

目からウロコのナカタです。

 

次にナカタは

滝のように降り注ぐ聖水を頭から浴びる。

 

「わぁわぁわぁ。」

 

快感に、ついつい声をあげてしまう。

 

看板がある。

当館のお水は飲めます!

 

当館の天然水は、美しい自然の中で

長い歳月をかけて、

地下深層部でろ過されたので

自然の旨みにあふれています。

 

天然ミネラル成分もバランスよく

溶け込んでいますので、

そのまま飲料水として召し上がっても

大変健康的です。

 

水は私たち現代人に不足しがちな

各種ミネラルの重要な補給源であり、

老廃物の排出や

新陳代謝の活性化を促すのにおいて、

最も大切な役割を果たします。

 

水はまさに命の源であり、

健康の源でもあるのです。

 

浴槽の壁際にある

四角い穴からも水がどんどん流れて出てくる。

飲みたい場合はここから飲むらしい。

お水はどうぞご自由に

お持ち帰りください。

と書いてある。

 

しきじの薬草サウナの感想は?

 

次は薬草サウナ

 

しきじの浴槽全体にほのかに香る薬草の匂いは

この薬草サウナから漂うものでしょうか。

 

ナカタと入れ違いに

サウナ室から出てくる人々のビッチョリ具合。

 

「このサウナ只者じゃないな。」

 

暑っっ!!!

これは想像以上に熱いぞ!

 

サウナ室の温度は60℃

湿度は60%

 

だけど、フィンランドサウナよりも暑い。

 

壁には白い袋がつるしてある。

(ここに薬草が入っている?)

 

薬草を蒸すための蒸気熱が半端ない!

歴戦のサウナーでも怯むほどの熱気。

 

蒸気が充満してあたりが見えない。

雲の中にいるようなナカタ。

 

「早く!あれを早く!」

薬草サウナを出て、

飢えているかのように水風呂へ急ぐナカタ!

 

「地獄のように熱い薬草サウナから

天国の水風呂へ・・・。」

 

水風呂の中のナカタは

まるで水と戯れているようです。

 

スポンサーリンク

 

しきじでの整いかたは?

 

サウナしきじの場合は

整うまでのセットのパターンが違うと語るナカタ。

 

普通のサウナ

サウナ

水風呂

休憩

これを1セットとして、

これを3回繰り返すのが基本。

 

でも聖地しきじでは

サウナしきじ

フィンランドサウナ

水風呂

↓(休憩挟まず)

薬草サウナ

水風呂

ベンチで休憩

これで1セット

これを3セット繰り返す。

 

「整ったぁ~!」

今週も十分な整いを得られたナカタでした。

 

しきじは飯も旨い!

 

しきじで整った後、次は食事。

ナカタは「しょうが焼き定食」を注文します。

 

ご飯も味噌汁も最高!

水が旨いと飯も旨い!

 

食事でも整ったナカタでした!

 

サウナしきじ

● フィンランドサウナ

 温度 110℃~120℃

 湿度 70%

● 薬草サウナ

 温度 60℃

 湿度 60%

●天然水水風呂

 温度14℃

 

サウナしきじ関連記事(場所・営業時間など)

サ道 あらすじネタバレ サ道 第6話 サウナーの聖地 静岡しきじの聖なる水とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です