サ道 第7話 ゴットファーザー米田行孝とは?どこのサウナにいる?経歴は?

『サ道』第7話のあらすじの中で、

突然整わなくなってきた偶然さん(三宅弘城)

「会ってみたい。」

と名前を上げたのが

「ゴッドファーザー・米田(よねだ)」さん。

※実在する人です。

 

その話を聞いて、ナカタアツロウ(原田泰造)

米田さんがいるサウナを訪れることに・・・。

 

かほさん

ところで米田さんってどんな人?

「ゴッドファーザー・米田」

なんてすごい俗称が付いている人が

どんな方なのか気になって、

素性を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

ゴッドファーザー・米田とは何者?

 

『サ道』第7話に登場する

『ゴットファーザー米田』とは

米田行孝さんのことです。

 

第7話に登場の

『サウナ&カプセルホテル ウェルビー栄店』

と、その系列店を運営する、

株式会社ウエルビーの代表取締役

が(たぶん)本業(笑)

 

他に

  • 「公益社団法人 日本サウナ・スパ協会」専務理事
  • 「FSC フィンランド・サウナ・クラブ」メンバー
  • サウナプロデューサー

という肩書があります。

フィンランド・サウナ・クラブ

サウナ愛好家による団体。

【モットー】

● フィンランドの伝統的サウナ文化の継承

● サウナの本質的価値の追求

日本サウナ祭りを主催

 

Facebookには、

サウナの本場・フィンランドを訪問された時の

画像がたくさんあります。

 

FSCの自己紹介には、

 

「サウナネームはサウナクレイジー」

とにかくすべての人をサウナに入れたい。

と記載があり、「サウナクレイジー」というアカウント名の

Twitter(ツイッター)とFacebook(フェイスブック)には

サウナの画像や動画がたくさんアップされています。

 

スポンサーリンク

 

被災地の人々をサウナに入れた!

 

「とにかく全ての人をサウナに入れたい。」

というモットーをお持ちの米田さん。

 

そのモットー通り、東日本大震災の

被災地の方々もサウナに入れてあげたそうです!

 

震災後にサウナに入れなくなったという

宮城県気仙沼市の人の話を耳にし、

テントサウナを避難所に設置。

 

被災地の方々に提供したのだとか。

被災地に“サウナ”って発想がすごい!

タコ

サウナを原点に戻したい

 

米田さんは、日本のサウナを

原点に戻したいと思っているそうです。

かほさん

原点のサウナってどんなの?
サウナの発祥地・フィンランドでは、

湖のほとりや海辺に

サウナがあるらしいよ。

室内も薄暗くて、神聖な空間だとか。

タコ

かほさん

日本では「サウナ=オヤジ」のイメージが強いよね。

仕事帰りに汗流して行く・・・みたいな。

サウナ室内が明るくて、

テレビが置いてあるサウナも多いし

 

その「原点」に近づいた、

フィンランドサウナを楽しめるのが

「ウエルビー」の各店舗のなんですね

なぜ“ゴットファーザー”と呼ばれているの?

サウナのゴットファーザーと呼ばれ所以が

見つかりませんでした。

そもそも本当に

「ゴットファーザー・米田」なんて

呼ばれているんでしょうか?

 

ドラマ第7話の中で「ゴットファーザー」と呼ばれる

理由が分かると思いますので

それまでおあずけですね!

 

ゴットファーザー・米田さんの関連記事

サ道 あらすじネタバレ サ道 第7話 森のサウナのロケ地は?「店内にフィンランドがある」の意味は?ネタバレ

 

米田さん記事が掲載されている書籍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です