ととのうの意味は? サウナでどんな状態になる?サ道

テレビ東京系列で放送中の

ドラマ『サ道』

 

サウナおたくが日本各地のサウナを

巡って癒やされるお話です。

 

同名のマンガが原作で、

マンガの中では作者、タナカ カツキ氏が主人公。

常連さんからは、「大使」と呼ばれています。

 

一方、ドラマのほうでは

ナカタアツロウという役名で、

原田泰造さんが演じています。

 

スポンサーリンク

 

整う(ととのう)の意味は?

 

『サ道』の原作マンガやドラマでは

主人公が

「ととのったーーー!」

と、満足する様子が描かれています。

でも・・・

かほさん

「整う(ととのう)」って何!?

 

原作では、「整う」までの様子が

描かれています。

  1. サウナへ入る。
  2. 水風呂に入る。
  3. 1と2を繰り返す。
  4. 何度か往復した後にタオルで体をよく拭く。
  5. イスやベンチに腰掛けたり寝たりしてリラックスする。
  6. すると、身体のジーンとしびれてきて「ディープリラックス」状態になる。
  7. 血液が全身を駆け巡り脳に酸素が行き渡る。
  8. 脳に快感物資的なものが出る。
  9. 幸福に満たされた気分になり「サウナトランス」状態に入る。

 

そして・・・

 

「ととのったぁ~~~!!!」

となります。

かほさん

これが『サ道』の主人公の「整う」という状態です。

水風呂が無いと整わない?

原作では、

サウナに水風呂は不可欠だと言い切っています。

 

整うためには、

サウナ→水風呂→サウナ→水風呂・・・

を繰り返すことでトランス状態が作られるとか。

今まで、水風呂がある理由すら知らなかったよ。

タコ

一度、「整った」状態を味わってみたいものですね!

 

【 関連記事 】

他に疑問に感じたサウナ用語が登場したら

こちらをご覧下さい。

(随時、更新して行きます。)

サ道 あらすじネタバレ サ道に出てくるサウナ用語集(Wikipedia)「ねっぱし」「ろうりゅ」の意味は?

 

原作紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です