下町ロケット ドラマ続編 第1話感想 原作との違いは?

2018年10月14日。

とうとう『下町ロケット』ドラマ続編が

始まりました~!

 

スタートするとすぐ、ロケット打ち上げシーン!

前作の感動を思い出して、ワクワクしました!

 

加えて、帝国重工の財前部長(吉川晃司)のカッコいいこと!

 

今回は下町ロケット ドラマ第1話を観た感想

原作と大きく違う点のお話です!

スポンサーリンク

 

展開がすごく早すぎる!

 

『下町ロケット』ドラマ続編の原作は、

前編が『下町ロケット ゴースト』

後編が『下町ロケット ヤタガラス』

ですが、原作からすると、今回の続編ドラマ第1話は

(ずいぶん飛ばしているなぁ・・・。)

という印象です!

 

前編『下町ロケット ゴースト』の半分以上は

消化したんじゃないでしょうか?

 

次回、第2話も15分拡大版なので、

前編分を全部消化しちゃいそうな勢いです(泣)

 

もっとじっくりと描いて欲しかった部分が

こんもりあります!

 

トランスミッションバルブ開発に

取り組むシーンとか、

的場取締役(神田正輝)の脅威とか。

 

飛ばしすぎて、的場取締役の悪役感が

かなり緩和されている気がします。

かほさん

たぶんスポンサーがクボタだから、トラクターがメインになる、原作後編のほうをじっくりと描くのかも知れないね。
大人の事情ってやつ!?

タコ

 

トノの実家の所在地が違う!

 

トノこと佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)

 

ドラマではトノの実家が新潟県燕市になっていました。

原作では栃木県です。

 

東京から行きやすい場所というのが原作の意図なので、

新潟県燕市だとその点、どうなるのかなぁ・・・って思いました。

 

トノの父親が倒れた理由が違う

 

殿村の父が倒れた理由は心筋梗塞でしたが、

ドラマでは「過労」ということになっていました。

 

なので、原作では入院していましたが、

ドラマでは早々に退院してきたようです。

過労が原因なら、また田んぼに出られるよね~?

タコ

かほさん

心筋梗塞だったからもう稲作は難しくなって、トノも進退について悩んだのにね。

 

スポンサーリンク

 

軽部と立花は衝突しないはず!

 

ドラマでは、佃製作所の技術者、軽部(徳重聡)

立花(竹内涼真)が冒頭からケンカしていましたが、

原作ではケンカどころか、立花は軽部に比較的従順です。

 

・・・というのは、

佃航平はトランスミッション用

バルブ開発チームの人選をする際、

個性のある軽部とうまくやっていけそうな人間として、

立花と加納アキ(朝倉あき)をわざわざ選んだからです。

 

それがケンカばかりしていては意味がない!

 

立花と加納が「ガウディ」開発の頃を

振り返る場面はありましたが、

ガウディの時の一村教授(今田耕司)や、

ガウディを使っている子供との再会は

ドラマオリジナルです。

 

大森バルブとのコンペで島津裕が感動的すぎる

 

「1話で大森バルブとのコンペまで行っちゃう!?」

というぐらい、ホントにスピード展開でした。

 

逆に、大森バルブと佃製作所の

どっちのバルブを採用するのか。

それは原作ではあまり引っ張りませんでした。

 

島津裕が佃製作所の設計意図を見抜き、

サラッと決めました。

伊丹大との意見も一致していました。

 

決定理由も、もちろん佃製作所製が

丁寧に作り込まれていることは評価されましたが、

ギアゴーストの提示した金額内で

でき得る限り質が高い製品を・・・という

佃製作所の設計意図を読み取った島津裕が、

コスト面重視で採用を決めました。

 

涙を流すような感動的なシーンなど皆無です。

 

1話に1回は感動シーンを作ろうとしているみたいで、ちょっとイヤだったなぁ・・・。

タコ

 

スポンサーリンク

 

次回のロケットは佃製作所のバルブを使わない!?

 

佃航平は、帝国重工の原本部長(木下ほうか)から

ヤタガラス7号機には佃製作所のロケットバルブを搭載できないかも

告げられていました。

 

これは原作にはありませんでした!

どうして搭載できないのか予測不可能です!

 

かほさん

原作では、ヤタガラス7号機を積んだロケットには、何事もなく佃製作所のロケットエンジンバルブシステムが使われていたよ。
もしかしたら、的場取締役あたりが茶々を入れてきたかも知れないね。

タコ

かほさん

キーデバイスの内製化ってやつ?
そう。的場は、帝国重工製品の主要なパーツは全て帝国重工製にすべきだと考えている男だからね。

タコ

かほさん

そういう人にとっては、ロケットエンジンバルブシステムのような重要なパーツが、外注の佃製作所製というのは、気に入らないかもね。

 

その他

 

かほさん

クボタがスポンサーなのには笑いました。今まで、日曜劇場のスポンサーだった記憶がない。
国産ロケット開発から10年・・・ってことは、佃利菜はアラサーかな(笑)

タコ

 

『下町ロケット ゴースト』ネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ゴースト』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット TBSドラマ続編 「ゴースト」「ヤタガラス」原作ネタバレ!

下町ロケット ヤタガラスのネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット ヤタガラス ネタバレあらすじ(まとめ) 帝国重工VSダイダロス 無人農業ロボットの勝利者は?

 

 

原作はこちらから!

 

下町ロケット ゴースト

 

下町ロケット ゴースト続編「ヤタガラス」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です