下町ロケット続編 財前部長(吉川晃司)はスターダスト計画に戻れた?帝国重工のトラクターはどうなった?結末あらすじ

TBS日曜劇場『下町ロケット』続編の

ネタバレあらすじです。

 

的場取締役(神田正輝)によって

スターダスト計画から外された財前部長(吉川晃司)

 

その上、

新しい部署で企画した無人農業ロボット開発まで

的場取締役に横取りされて、

蚊帳の外に置かれていた財前部長は、

最終回ではどうなったのか?

かほさん

スターダスト計画に戻れたの?

 

ダーウィン・プロジェクトにより、

「大企業の下請けいじめ」のイメージを

植え付けられてしまった帝国重工はどうなったのか?

イメージ回復できたのかなぁ?

タコ

 

全然売れなかった帝国重工の無人農業ロボット

「ランドクロウ」はどうなったのか。

かほさん

売れてくれないと佃製作所も大ピンチ!

 

そんな、帝国重工系ネタの

原作『ヤタガラス』ネタバレあらすじです。

 

前回のお話はこちら ↓

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじギアゴースト伊丹の結末は?ダイダロス重田社長の最後はどうなった?下町ロケット 最終回ネタバレ

 

スポンサーリンク

 

全く売れない帝国重工製 無人農業ロボット

 

帝国重工の無人農業ロボットは製品化され、

開発時の名前の「アルファ1」から

「ランドクロウ」に改名しました。

 

ランドクロウは・・・

全然っ!売れませんでした。

 

ダーウィンの発売に合わせ、

ランドクロウの発売も7月としていましたが、

ダーウィンは抜け駆けして3月に発売。

 

発売が出遅れたのも、

ランドクロウが売れない要因のひとつでしたが、

 

他にも、

  • 帝国重工製のエンジンとトランスミッションを搭載した最初のモデルの大失敗。
  • 帝国重工が「弱い者いじめ」のイメージを植え付けられてしまったこと。

など、売れなくて当然のような状況でした。

 

佃製作所が参入してからのエンジンと

トランスミッションを搭載したランドクロウは、

ライバル・ダーウィンよりもずっと

高品質・高機能でしたが、高価格でもありました。

 

市場では、「帝国重工製は低機能で価格が高い」という、

間違ったイメージを植え付けられていました。

 

帝国重工の藤間社長(杉良太郎)

「まだ始まったばかりだろう。」

と、長期戦の構えでしたが、

さすがに下請会社の佃製作所は、

売れないのでは商売あがったりでした。

 

無人農業ロボット事業の責任者・的場取締役は、

「生ぬるい」と沖田会長に一喝され、

帝国重工の下請企業の中でダーウィン・プロジェクトに

関わっている会社に圧力をかけました。

 

これが公正取引委員会に「下請法違反」だと、

20もの下請企業に訴えられ、これが決定打となり、

的場は完全に失脚したのです。

 

財前部長、復活!

 

無人農業ロボット事業の統括責任者だった

的場取締役が失脚後は、その後任は、

宇宙航空部本部長の水原本部長(木下ほうか)

が任命されました!

 

『下町ロケット』のパート1では、「ロケットバルブシステムを佃製作所製に!」という財前をずっと反対していたけど、最後にビミョーに味方した人だね。

タコ

かほさん

今回は、陰でちょこちょこと、財前の味方しているよね!

 

統括責任者になった水原本部長は、

財前部長をプロジェクトリーダーに任命し、

無人農業ロボット開発事業の現場の全権を

財前部長に与えたのです!

 

ここでようやく、無人農業ロボット開発事業が

軌道修正されました!

 

無人農業ロボット事業は、時が経つにつれ

計画を上回るほど業績を上げ、

役員からも大絶賛でした!

 

財前部長は、

ただ無人農業ロボットを販売するだけではなく、

無人農業ロボットに関わるライフスタイル等の

周辺事業も展開し大成功!

 

今や、帝国重工は農業においても

確固たる地位を確立しようとしていました。

かほさん

で。結局財前部長はスターダスト計画に戻れたの?
それについてははっきりしてないんだよね。でもこんな順調な事業を放り出して、スターダスト計画には戻らないと思うなぁ。

タコ

かほさん

宇宙航空部には復帰したの?
会議で、「宇宙航空部の財前道生」って言われているから、宇宙航空部には在籍していると思うよ。

もしかしたら、財前部長の異動先の宇宙航空企画推進グループって、宇宙航空部内の部署だったのかもね。

タコ

かほさん

ってコトは、最初から宇宙航空部からは異動してなかったってことなの!?
そうかもね!そのあたり、原作からは読み取れなかったよ~!

タコ

 

帝国重工の評判は回復した?

 

的場とダーウィン・プロジェクトによって

地に落とされた帝国重工の評判。

 

最後には回復したのでしょうか?

 

かほさん

これも、無人農業ロボットの人気と比例して、帝国重工の社会貢献度が広く認められるようになりました!

 

逆説的に考えると、

「たった数センチの誤差」という、

無人農業ロボットの精度を上げたのは、

準天頂衛星ヤタガラス7号機の打ち上げによるものです。

 

ヤタガラス7号機を宇宙へ送り出したのは、

帝国重工の大型ロケットです。

つまり、スターダスト計画の必要性が世間に認められたってことなんだね?

タコ

かほさん

そう。そして「コスト100億円の打ち上げ花火」なんて的場にけなされた、藤間社長推進のスターダスト計画も、ようやく社内にも世間にも理解されるようになったみたいだよ。

 

原作の文中では語られていませんでしたが、

帝国重工がライバルであるダーウィン・プロジェクトに

トランスミッションのライセンス契約を認めたことも

もしかしたら、帝国重工の信頼を回復する一因に

なったかも知れませんね!

 

ランドクロウとダーウィンの勝敗は!?

 

最初は全然売れなかった帝国重工の「ランドクロウ」

でしたが、徐々に勢いを付けてきました。

 

ダーウィンは、発売当初こそ一気に売れましたが、

次第に売れ行きが下降していきました。

 

「ダーウィンは故障が多い。」

という評判が農家の中で広まっているのです。

 

また、『月刊メカニカルサイエンス』という専門誌に

ダーウィンとランドクロウの比較が特集されました。

 

20項目を比較した結果、ランドクロウが圧勝でした。

 

それだけではなく、

ランドクロウとダーウィンのユーザーへの取材も行い、

ダーウィンにトラブルが多いことまで、

取り上げていました。

 

スポンサーリンク

 

そして、1年後のアグリジャパン。

岡山で毎年開催される、農業の一大イベントです。

 

帝国重工製無人農業ロボットの初期型が

用水路に転落し大恥をかいた、あのイベントです。

 

しかし今では、

ダーウィンと帝国重工のブースの前の人の多さは、

以前と逆転していました。

 

「評判と実力は違う。」

そう野木教授が語った通り、

実力の「帝国重工製無人農業ロボット」の

勝利の姿がそこにありました。

 

エンジンとトランスミッションの内製化?

 

財前部長と佃製作所の大成功の陰で、

何と!

帝国重工・沖田会長と製造部は、

まだ無人農業ロボットの内製化を

諦めておりませんでした!

MEMO
内製化:ここでは、エンジン・トランスミッションを含め、主要パーツの全てを帝国重工製品にすること。

 

「アルファ1」の大失敗で、

藤間社長から外された製造部の奥沢は、

マイナーチェンジのタイミングで

トランスミッションを帝国重工製にしようと、

開発を進めていたのです。

 

かほさん

それに対して財前部長は、第三者機関による「性能評価」というものを示して欲しいと回答したんだよね。
そこで奥沢部長は、「モーター化研」という世界有数の信頼性を得ているところへ評価を依頼したんだけど・・・。

タコ

その結果は、

「総合評価 C」

という酷評でした!

ぶっちゃけ、「他のメーカーに比べると、“古くさい”と書かれていたってさ!

タコ

かほさん

島津裕が帝国重工時代に、奥沢に吐いたセリフとおんなじだね(笑)

 

奥沢部長に命じられてこの評価を依頼した

小村という社員は、自分宛ての送付書を

うっかり奥沢に見られてしまいました。

 

そこには、

このトランスミッションでは参入は難しい。

もし急いで新規参入したいのであれば、高性能のトランスミッションを製造している会社を紹介いたします。」と書いてあって、

そこには「佃製作所」の名前と住所が書かれていました!

タコ

かほさん

おまけに、

「優秀なエンジニアがいらっしゃいますので、その方にお願いして指導していただいては・・・」

と、島津裕の名前とメールアドレスが記されていました!

 

かつて、島津裕を左遷した奥沢の

しっぺ返しを食らった瞬間でした!

 

【 次のお話(番外編)】はこちら

 

『下町ロケット ゴースト』ネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ゴースト』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ドラマ続編下町ロケット TBSドラマ続編 「ゴースト」「ヤタガラス」原作ネタバレ!

下町ロケット ヤタガラスのネタバレ記事まとめはこちら

 

『下町ロケット ヤタガラス』のネタバレを

順番通りに読みたい場合はこちらからどうぞ!

 

下町ロケット ヤタガラス 原作ネタバレあらすじ下町ロケット ヤタガラス ネタバレあらすじ(まとめ) 帝国重工VSダイダロス 無人農業ロボットの勝利者は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です