リーガルV 米倉涼子演じる主人公・小鳥遊翔子の読み方は?小鳥遊の苗字の意味、由来は?

日本テレビ系列で木曜日に放送中の
『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』

米倉涼子さん主演の人気ドラマ『ドクターX』が終了し、

今度は弁護士版としてスタートしたドラマですよね!

 

しか~し!

「小鳥遊翔子」って何と読むんじゃい!!!

・・・と思いませんでしたか?

 

今回は、

✔ 小鳥遊の読み方とその由来

✔ 小鳥遊という名字は意外と由緒がある!

というお話です。

 

スポンサーリンク

 

小鳥遊翔子ってどう読むの?

 

もうドラマが何話も放送されているので、

「小鳥遊ってどう読むの?」なんて、今更だと思いますが、

それでも最初は、

「小鳥遊翔子ってどう読むの!?」

って悩みませんでしたか?

 

これは、小鳥遊・翔子(たかなし・しょうこ)と読むのですが、

“小鳥遊までが「たかなし」なんですね。

 

苗字と名前が続けて書かれていると、

「小鳥」が苗字?「遊翔子」が名前?

なんて、どこで区切るのか分からないほど、

全く読めませんでした!

一発で読めた人って、は少ないと思うなぁ・・・。

タコ

かほさん

難読な苗字のひとつらしいよ。

林修先生なら読めるかも知れませんね!

 

小鳥遊という苗字は実在する?

 

「小鳥遊」という苗字は、

いかにも架空っぽい苗字ですが、

きちんと実在するそうです。

(でも架空で使われているほうが

断然、多いそうです!)

 

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町

数戸だけ存在している非常に稀な苗字

とのこと。

(その地から離れた人も、元はこの地の

出身かも知れませんね。)

 

それに、調べてみたら小鳥遊って、

意外と由緒ある苗字だったんです!

清和源氏・井上氏流高梨氏・高梨盛光に連なり、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町が中心。
小鳥が遊んでいるならば、鷹がいないはず、
ということで、たかなしと読まれる。(Wikiより引用)

元をたどれば「源氏」に繋がる、

昔からある苗字のようですね。

 

清和源氏とは、第56代の清和天皇の皇子さま方が

臣下に降り源氏姓を賜ったものです。

 

紫式部の「源氏物語」ってありますが、

あれも、主人公の光源氏は母親の身分が低かったので、

東宮(皇太子)にはなれませんでしたが、

全てにおいて、あまりにも優秀過ぎたので、

後継者争いの火種になることを恐れた父帝が、

皇籍から外し「源」の姓を与えて、民間人にしたものです。

(いま風に言えば)

 

高梨小鳥遊に変化したとの説もあるようです。

 

では、どうして「小鳥遊」を

「たかなし」と読むんでしょうか?

 

こんな由来です↓

小鳥が遊んでいる。

   ↓
それなら天敵の鷹(タカ)はいないに違いない。

   ↓

タカがいないから、鷹無し(タカナシ)

と読まれるようになったみたいです。

だからと言って、主役にこんな難しい苗字を付けるとは~!

タコ

かほさん

小鳥遊(たかなし)を広めよう運動かしら?
鷹無しなのに、3話でヤメ検こと大鷹先生(勝村政信)が入所してきて、「タカ有り」じゃん!・・・みたいな(笑)

タコ

ドクターXのように、この『リーガルV』も

シリーズ化されれば、『小鳥遊』姓も

有名になるかも知れませんね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です